会社 辞めたい

職場でいじめられたら退職したほうがよい3つの理由

職場でいじめられたら退職したほうがよい3つの理由
マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
職場でいじめられてる人
職場でいじめられてる人
「職場でいじめられています…。

僕は退職した方が良いのでしょうか…?

どうしたらよいのか分かりません…。

対処法を教えてほしいです…。」

退職博士
退職博士
「分かりました!職場でいじめられたときに退職した方が良いのかどうかですね。詳しく解説していきましょう

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

この記事は以下の人のために書きました。

  • 職場でいじめられていて退職しようかどうか悩んでいる人
  • 職場でいじめられたときの対処法を知りたい人

この記事を読むことで以下のメリットがあります。

  • 職場でいじめられたときに退職した方が良い理由がわかります
  • 職場でいじめられたときの対処法が分かり、気持ちがラクになります

では早速いきましょう!

 

信頼性

私は、国家資格 精神保健福祉士の資格を持っています。

職場のメンタルヘルスの分野で、ストレスでうつ病などの精神障害を患い、その方が再就職したり自立して社会で生活するための相談にのる専門家です。

今まで、精神障害をもった方の仕事の悩みなどの相談を受けてきた経験があります。

実は、私自身が以前の職場で上司と同僚からいじめられてうつ症状になってしまい、休職となり、退職になってしまった経験があります。

毎日上司からの暴言と、長時間残業で、肉体的にも精神的にも追い詰められて、とても辛い思いをしました。

自分の苦い、辛い経験から学んだ大切なことを、皆さんに伝えることができればと思います。

\ おすすめ記事 /
会社の上司からパワハラを受けて退職、「辛い・行きたくない・もう辞めたい」私の体験談

「職場のいじめは絶対に許せない。

けど、いつか自分がいじめられる立場になってしまう…

なんてこともあるのではないか…」

というように、不安に思う人もいるかもしれません。

職場のいじめは、簡単に許せるものではありませんし、見て見ぬふりをする、見過ごすということはあってはいけないことですよね。

職場でいじめられるリスクというのは、誰にでもあることだと思います。

職場でのいじめの内容は以下です。

職場でのいじめの内容
  • 社内で無視される
  • 無理な大変な仕事を押し付けてくる
  • 大声で怒鳴られる
  • 使えない!と怒鳴られる
  • 他の社員が仕事でミスしても軽く注意される位なのに、自分がミスをするとひどく怒って怒鳴ってくる
  • いろいろ仕事を押し付けられる
  • 孤立させられる
  • 見下される
  • 陰口を言われる
  • 仲間外れにされる

職場でのいじめの内容は多岐にわたります。

では、もし自分が職場でいじめられたら、どのように対処すればよいのでしょうか?

どのように考えればよいのでしょうか?

その大切なポイントについて順番に解説していきましょう。

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
Contents
  1. 職場でいじめにあったときは退職したほうがよい3つの理由
  2. 職場でいじめにあったときの5つの対処法

職場でいじめにあったときは退職したほうがよい3つの理由

職場でいじめにあったときは退職したほうがよい3の理由

職場でいじめにあったときは退職したほうがよい理由は以下です。

職場でいじめにあったときは退職したほうがよい3つの理由
  1. いじめが命を落とすことにつながる可能性があるから
  2. いじめられた職場で働き続けるとフラッシュバックする可能性があるから
  3. いじめがある職場でリスタートは難しいから

理由1:いじめが命を落とすことにつながる可能性があるから

日本で一年で自殺をする人は、年間20,000人以上いるといわれています。

そして特に20代から40代では、いじめなどの職場の人間関係が自殺の原因に大きく起因しています。

なので、もし職場でいじめられたら、それを放置するのは危険といえます。

会社を退職して回避するなり、何らかの対策をすることが必要といえます。

理由2:いじめられた職場で働き続けるとフラッシュバックする可能性があるから

いじめられていた状況が収まったとしても、もし、あなたがその後も同じ職場で働き続けているとしたら、また何か人間関係でトラブルがあったときに、いじめられたときのことがフラッシュバックして辛い気持ちが戻ってきてしまうということがあります。

理由3:いじめがある職場でリスタートは難しいから

職場でいじめがあると、その職場全体で問題を改善していくのは容易ではありません。

いじめをした人は、そのことを自分の良いように理解して、自分は悪くないという理解をする人が多いです。

それを意図的にやっている人もいれば、自分がいじめをしていることすら気づいていない場合もあります。

いじめというのは集団で行われるものですし、そのようなことをする職場では、誰かをいじめることで結束力を高めるといった、負の力が働いている場合が多いですので、そのような職場のいじめを根本から改善するのは非常に大変といえます。

職場でいじめにあったときの5つの対処法

職場でいじめにあったときの5つの対処法

職場でいじめにあったときの対処法は以下です。

職場でいじめにあったときの5つの対処法
  1. いじめがある場合は、まずは上司に相談する
  2. 上司に相談してダメなら、労働基準監督署に相談する
  3. いじめに対しては、あえて笑顔で応じて仕事を黙々とする
  4. 自分の体を鍛えることでいじめを克服できるときもある
  5. いじめられたら我慢をせずにさっさと辞めて自分を守る

対処法1:いじめがある場合は、まずは上司に相談する

職場でいじめにあったときの対処法の1つ目は「いじめがある場合は、まずは上司に相談する」です。

いじめがある場合は、まずは上司に相談しましょう

もし上司もいじめる側の立場という場合は、そのまた上司か、もしくは総務課、人事部長に相談するようにします。

相談することで、会社側が誠実に対応してくれて、いじめの問題を改善できる場合があります。

普段からいじめにあっても上司に助けてもらえるように仕事を一生懸命にしておく

例えば、もし同僚にいじめられたとしても、上司に気に入られていれば、他に支店に飛ばされる事はありません。

人事権を握っているのは同僚ではなく、部長や支店長等の上司だからです。

普段からいじめにあっててもいいように、またはいじめにあっても助けてもらえるように仕事を一生懸命にしておくということが大切といえます。

会社はいじめの事実は積極的に認めようとはしない

会社はいじめの事実はあまり積極的に認めようとはしません。

なぜなら、社内でいじめがあったことを世間に知れ渡ると、会社のイメージダウンにつながるので、そういった事は隠そうとするわけです。

会社によっては、

「いじめられたらはあなたの未熟さだったり思い違いでしょ!」

なんて言ってくることもあるかもしれません。

そういったときのいじめの証拠として、誰に、どのような嫌がらせをされたのか、というのを細かく日記にまとめておいたり、写真やボイスレコーダー等で証拠を残しておくと、いざというときに、会社に対抗する武器になるので良いといえます。

いじめがあったことは隠さないで会社に伝えた方がよい

「いじめがあったことを会社に言って辞めるべきか?

それとも会社にいじめのことは言わないで辞めた方がよいのか?」

ということを悩んでいる人もいるかもしれません。

結論からいうと、いじめがあったことは会社に伝えた方が良いといえます。

それは、もし、いじめが原因で精神的ストレスでうつ病になった場合、心療内科で診断書を出してもらえば、正式に休業理由として認められるからです。

いじめをされたことを隠して、即退職するよりも、まずは休業手当を貰いながら休業し、その後退職した方が、いじめられたほうに金銭的なメリットがあるといえます。

休業手当なので、もし働けなくなったとしても、次の仕事が決まらなくても、1年半は手当てを受けれる可能性があるというわけです。

身も心もボロボロにされたわけですから、このまま退職するのは悔しいですよね。

いじめによる退職の際は、せめてもらえるものはもらってから退職するようにしましょう。

対処法2:上司に相談してダメなら、労働基準監督署に相談する

職場でいじめにあったときの対処法の2つ目は「上司に相談してダメなら、労働基準監督署に相談する」です。

いじめに対して会社が誠実に対処してくれればよいのですが、もし会社の対応が不誠実な時は、労働基準監督署に相談してみるのが良いといえます。また、ひどいいじめの場合は、訴訟等の法的手段を取った方が良い場合もあります。

労働基準監督署の「総合相談コーナー」で職場のトラブルに関する相談や、解決のための情報提供をワンストップで行っています。

各都道府県労働局、全国の労働基準監督署内などの379か所に設置してあります。近くの窓口はこちらから探せます。

総合労働相談コーナーでは、
下記のようなあらゆる分野の労働問題を対象としています。

労基の総合相談コーナーの相談内容
  • いじめ
  • 嫌がらせ
  • パワハラ
  • 賃金の引き下げ

もし、会社側が労働基準法等の法律に違反の疑いがある場合は、行政指導等の権限を持つ担当部署に取り次ぐなどしてくれます。
また、希望時には、裁判所、都道府県労働委員会等、法テラス等の紛争解決機関などの情報提供も行っています。

対処法3:いじめに対してはあえて笑顔で応じて仕事を黙々とする

職場でいじめにあったときの対処法の3つ目は「いじめに対してはあえて笑顔で応じて仕事を黙々とする」です。

いじめに対しては冷静になって、あえて笑顔で応じて仕事を黙々とするというのが良い場合があります。

そうすることで、いじめた側が会社から冷遇されて痛い目に合うようになります。

そうしたらいじめた側は自業自得です。

いじめた側は「いじめなんてしなきゃよかった…」と後悔することになるのかもしれません。

対処法4:自分の体を鍛えることでいじめを克服できるときもある

職場でいじめにあったときの対処法の4つ目は「自分の体を鍛えることでいじめを克服できるときもある」です。

自分の体を鍛えることでいじめを克服できる場合もあります。

古典的な方法に見えるかもしれませんが、案外これが効果があるかもしれません。

体を鍛えることで体力がつきますし、体力がつくことでそれが自分の自信につながります。

また、定期的に筋トレや運動をすることがストレス発散になりますし、自分の生活を整えることにもつながります。

そして、自分が体力的に職場の人よりも強くなることで、

「自分をいじめている人もただの人だ!体力は自分の方があるし何も気後れする必要はない!」

と強い気持ちを持つことにつながります。

  • 普段体を動かさない人
  • 体が弱い人
  • 運動不足な人

には、身体的にも精神的にも有効な方法といえます。

いじめられていたら、自分からすすんで嫌な忘年会等に行く必要はない

職場でいじめられている場合は、職場の飲み会には必ずしも参加しなくて良いといえます。忘年会・新年会・送別会など、それは給料が発生するわけでもなければ法的な強制力があるわけでもありません。

また、飲み会に参加したところで、

  • 仲間外れにされる
  • 無視される
  • せっかくの交流の場なのに話す相手がいない

など、いじめられている人がさらに嫌な思いをするのは目に見えています。

送別する退職者に対しては、個別にねぎらいの言葉をかけたりすれば良いといえます。

自分からすすんで嫌な場所に行く必要はありませんし、生産性のない時間を過ごすことほど人生で無駄なことはありません。

対処法5:いじめられたら我慢をせずにさっさと辞めて自分を守る

職場でいじめにあったときの対処法の5つ目は「いじめられたら我慢をせずにさっさと辞めて自分を守る」です。

いじめられたら我慢をすることが必ずしも良いというわけではありません。

「我慢していたら、精神的に辛くなって、病んでしまった…。」

ということもありますので、注意が必要です。

いじめられ続けることで、体調を崩して精神的に不安定になるくらいなら、我慢せずにさっさと辞めて、ストレスから解放された方がマシといえます。

自分を守るということを第一に考えて行動すべきです。

自分の中でいじめられた悔しさや憤りはあるとは思いますが、そこは次の新しい一歩を踏み出すためには割り切って考えるということも大切といえます。

\ おすすめ記事 /
「仕事、会社を辞める勇気が出ない」時の4つの対処法【詳しく解説】

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントは以下です。

職場でいじめられて退職する際の大切な7つのポイント
  1. 職場でいじめられて退職することは「甘え」ではない。選択肢のうちの1つ
  2. できることなら、次の転職先が決まってから退職した方がよい
  3. 職場でいじめられたら「自己都合による退職」ではなく「会社都合による退職」で退職できるように努める
  4. 一度立ち止まって、自分の気持ちとしっかり向き合うことも大切
  5. 職場でいじめられて退職をするのは「逃げ」ではなく「生きるための手段」
  6. いじめられて退職をするからといって、バックレはNG!
  7. もう限界!二度と会社に行きたくない!すぐにでも辞めたいときは「退職代行サービス」

ポイント1:職場でいじめられて退職することは「甘え」ではない。選択肢のうちの1つ

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの1つ目は「職場でいじめられて退職することは「甘え」ではない。選択肢のうちの1つ」です。

職場でいじめられて退職することを選択するのは、何も甘えでは無いですし、情けないことではありません。

そもそも、仕事をするのに、

「毎日、仕事嫌だな…。またいじめられる…。苦しいな…。」

と感じて、辛くなり続けること自体が普通ではないといえます。

退職というのは選択技の1つといえます。

心機一転新しい職場でリスタートするのが良いといえます。

\ おすすめ記事 /
「仕事・会社を辞める」と言えない・言い出しづらい5つの理由と3つの対処法

ポイント2:できることなら、次の転職先が決まってから退職した方がよい

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの2つ目は「できることなら、次の転職先が決まってから退職した方がよい」です。

できることなら、次の転職先が決まってから退職した方がよいといえます。

「自分が再就職できるか不安…。できなかったらどうしよう…。」

と気になって、心細くなってしまう可能性があるので、金銭面、メンタル面の上でも、次の仕事が決まっていた方が、切り替えがスムーズにできるといえます。

\ おすすめ記事 /
パワハラ上司に退職を言えない雰囲気「会社を辞めたいのに辞めれない」時の対処法

ポイント3:職場でいじめられたら「自己都合による退職」ではなく「会社都合による退職」で退職できるように努める

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの3つ目は「職場でいじめられたら「自己都合による退職」ではなく「会社都合による退職」で退職できるように努める」です。

職場の人からいじめられたことが原因で、退職に追い込まれる場合なら、

「いじめられたのが原因なのだから、自己都合による退職ではなく、会社都合による退職じゃなきゃ絶対納得がいかない!」

という人もいるかもしれません。

この場合、会社は、いじめた本人を

「なんとかするからやめないで残ってほしい。」

と引き止めてくるかもしれません。

ですがそこは、しっかり負けずに、

会社都合での退職じゃないと受け入れられません!」

と主張すべきです。

また、もし、自己都合による退職となって、離職票に記載されてしまった場合でも、ハローワークで失業保険の申請時に、異議を申し立てることができる場合があります。

会社都合による退職にできれば、失業手当の給付の待機期間が大幅に短くなるというメリットがあります。

  • 自己都合の退職で、給付まで3カ月間待機期間があるところ、会社都合の退職の場合は7日間で給付される

また、支給期間についても、自己都合の退職の場合は90日から150日ですが、会社都合の退職の場合は90日から330日とだいぶ差がありますので、会社都合で退職できるように努めましょう。

\ おすすめ記事 /
仕事・会社を辞めたい6つの理由とすぐにできる4つの対処法について解説

ポイント4:一度立ち止まって、自分の気持ちとしっかり向き合うことも大切

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの4つ目は「一度立ち止まって、自分の気持ちとしっかり向き合うことも大切」ということです。

退職したら、資格取得するために勉強する期間にするというのも1つの手段です。

また、もしかしたら、

今まで働き続けてきて、疲れが溜まっているかもしれませんし、忙しい毎日の中、人生で大事なことを見失っている…

なんてこともあるのかもしれません。

いじめられて、追い詰められている時というのは、周りが見えなくなっていることが多いです。

自分の状況は客観的に見たらどういう状況で、何がいけないことなのか、どうすれば良いのか、ということは、立ち止まって落ち着いて考えてみるとよくわかるかもしれません。

また、

「一度立ち止まって、自分の気持ちとしっかり向き合って、これからどんな道を歩んでいきたいのかを再考してみる」

というのも大切なことだといえます。

長い人生、途中で立ち止まってしまったり、転んでしまったり、事故に遭うこともあるかもしれませんが、自分らしく人生を歩んでいきましょう。

\ おすすめ記事 /
「会社・仕事が限界!ストレスでもう無理!」SOSの11のサインと対処法について【詳しく解説】

ポイント5:職場でいじめられて退職をするのは「逃げ」ではなく「生きるための手段」

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの5つ目は職場でいじめられて退職をするのは「逃げ」ではなく「生きるための手段」ということです。

職場でのいじめで退職をするのは、逃げではありません。

いじめられた社員は追い詰められて退職まで考えているということは、本当に辛い思いをされているということです。

私は自分が大人になってからいじめられて、

「こんな大人の世界でもいじめがあるなんて…」

と世間に絶望を感じたときもあります。

もし、私はいじめられ続けていたとしたら、精神的に追い詰められて、自殺してしまっていたかもしれません。

職場でいじめられて退職をするのは「逃げ」ではなく「生きるための手段」です。負い目を感じる必要は全くありません。

\ おすすめ記事 /
職場で孤立して人間関係で悩んで辛い人の8つの特徴と原因・対処法について【くわしく解説】

ポイント6:いじめられて退職をするからといって、バックレはNG!

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの6つ目は「いじめられて退職をするからといって、バックレはNG!」です。

いじめられて退職をするからといってバックレることはNGです。

会社をバックレることは、社会人として無責任な行為ですし、その時は難を逃れたかのように思えますが、後々その何倍ものバックレたことによるデメリットと向き合あわなければならなくなりますので注意が必要です。

あなたの今まで築いてきた会社での信用も一気に失ってしまうことになりかねませんので、バックレは絶対にやめましょう。

\ おすすめ記事 /
「会社・仕事をバックレる・飛ぶ」のは危険!リスクと注意点について【くわしく解説】

ポイント7:もう限界!二度と会社に行きたくない!すぐにでも辞めたいときは「退職代行サービス」

職場でいじめられて退職する際の大切なポイントの7つ目は「もう限界!二度と会社に行きたくない!すぐにでも辞めたいときは「退職代行サービス」」です。

もし、

「もう限界!二度と会社に行きたくない!すぐにでも辞めたい!」

という人には、「退職代行サービス」があります。

退職代行サービスは自分で円満退職できる人は利用する必要はありませんが、

  • パワハラ上司に退職を言い出しづらい…
  • 会社の人とはもう連絡を取りたくない…

という場合は退職代行サービスを利用した方がよいといえます。

\ おすすめ記事 /
退職代行サービス利用の【人生における2つのメリット】についてさらに詳しく解説

退職代行サービスを利用することで、

自宅にいながら・スマホ一つで・即日退職

することが可能なので、明日から会社に行く必要がなくなります。

面倒な退職手続きは全て退職代行会社が対応してくれて、費用も3万円前後とお手頃なので、20代-30代を中心に人気となっているサービスです。

\ おすすめ記事 /
退職代行サービスはなぜ20~30代に大人気なのか?【3つの大きな理由を解説】

おすすめの退職代行サービスは「退職代行ガーディアン」

おすすめの退職代行サービスは退職代行ガーディアンです。
労働組合法人運営の退職代行サービスなので、「安心・確実・低費用」で嫌な会社を即日退職することができます。

\ おすすめ記事 /
退職代行ガーディアンの特徴・価格・利用者の声について【詳しく解説】

 

 

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!