会社 辞めたい

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの12の対処法【くわしく解説】

仕事に行きたくない、休む、そう思ったときの12の対処法くわしく解説
仕事を休みたい人
仕事を休みたい人
「仕事にどうしても行きたくないです…。

休みたいです…。

理由が何か分かりませんが、やる気が出なくて困っています。

僕はどうすればよいのでしょうか?

アドバイスがほしいです、、、。」

仕事博士
仕事博士
「分かりました!

仕事に行きたくないときの対処法についてですね!

では、仕事に行きたくないときはどうすればよいのか、詳しく解説していきましょう!」

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

この記事は以下の人のために書きました。

  • 「仕事にマジで行きたくない…。休みたい…。」と思っている人
  • 仕事に行きたくないときの対処法を知りたい人

この記事を読むことで以下のメリットがあります。

  • 仕事に行きたくないときの対処法が分かる
  • 仕事に行きたくない原因と気持ちが楽になる考え方が分かる

では早速いきましょう!

 

信頼性

私は、国家資格 精神保健福祉士の資格を持っています。

職場のメンタルヘルスの分野で、ストレスでうつ病などの精神障害を患い、その方が再就職したり自立して社会で生活するための相談にのる専門家です。

今まで、精神障害をもった方の仕事の悩みなどの相談を受けてきた経験があります。

また、僕自身も今までに、

「仕事に行きたくない…。」

と思ったことが何度も何度もあります。

「今日はなんだか仕事に行きたくないな、、、」

と一時的に思うことは誰にでもありますよね。

  • 仕事の人間関係でつまずいてしまった…。
  • 仕事がうまくいかずにミスをしてしまった、

そんなときは、会社に行きたくないと思いました。

また、介護施設で入所部門の管理者をしていたので、介護職員からの仕事の悩みの相談も多数受けてきた経験があります。

では、実際、仕事に行きたくないと思ったらどうすれば良いのでしょうか?

多くの場合、それは時間の経過とともに少しずつやる気が戻ってきて、
「また頑張ろう!」
という気持ちになることが多かったです。

しかし、その気持ちが慢性的な場合はどうでしょうか?
「一週間経っても、一カ月経っても仕事に行きたくない気持ちが改善されない」
そのような時は注意が必要です。

「会社、辛い、行きたくない」上司からパワハラを受けて退職した私の体験談

Contents
  1. 「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの12の対処法
  2. まとめ

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの12の対処法

仕事に行きたくない、休む。そう思ったときの12の対処法

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法は以下です。

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの12の対処法
  1. 休まずに無理して働く
  2. まずは仕事に行きたくない理由は何なのかを明らかにする
  3. 知恵袋・ブログで同じような悩みをチェックしてみる
  4. 仕事に対するモチベーションが原因の場合は、自分の仕事に対する考え方を変えていく
  5. 自分の信頼できる家族や友人に相談してみる
  6. 仕事の手順・方法・技術的なことが原因の場合は、上司に相談してみる
  7. 仕事でミスしたことが原因の場合は、ミスを分析して改善する
  8. 精神的に追い詰められているときは心療内科を受診する
  9. 仕事が面白くない…。行きたくないときは「適性診断」をしてみる
  10. 仕事を休む
  11. 仕事に行きたくない、やめたいときは、今の仕事をしながら転職活動をする
  12. 上司からのパワハラ・同僚からのいじめが原因なら、退職代行サービスを利用して「即日退職」してもよい

対処法1:休まずに無理して働く

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の1つ目は「仕事を休まずに無理して働く」です。しかし、

「仕事に行きたくないけど、我慢して無理して耐えよう、、、」
「仕事でストレスは見て見ぬふりをしていけば大丈夫、、、」

このように考えている人は注意が必要です。

なぜなら、このような気持ちは「心のSOS」である場合があり、この気持ちを無視して働き続けると、心が病んでしまう危険性があります。

仕事に行きたくないときは、適度に休むということも大切です。

必ずしも

「休む人=甘え・ダメな人」

というわけではありません。

「休みたい」と感じる自分を責めないようにしましょう。

こちらもどうぞ

「仕事に行きたくない…」というネガティブな自分の感情を無視せずに、上手く付き合っていくことが大切です。

「明日、仕事に行きたくない…」と思ったときの10の対処法【徹底解説】

対処法2:仕事に行きたくない原因が何なのかを明らかにする

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の2つ目は「仕事に行きたくない原因が何なのかを明らかにする」です。

会社・仕事に行きたくないときは、その原因が何なのかを明確にすることが大切です。
考えられる原因は以下です。

「仕事に行きたくない…。休みたい…。」と思う5つの主な原因
  1. 仕事でミスをしたことが原因
  2. 残業による疲労が原因
  3. 仕事に対するモチベーションの問題
  4. 仕事の手順・方法・技術的なことが原因
  5. 上司からのパワハラ・同僚からのいじめが原因

原因1:仕事でミスをしたことが原因

「仕事に行きたくない…。休みたい…。」と思う原因の1つ目は「仕事でミスをしたこと」です。

「仕事でミスをしてしまい、会社に損害を与えてしまった…。

上司からもひどく怒られたし、最悪だ…。

もう会社に行きたくない…。」

このように思って、会社に行きたくなくなることがあります。

これは特に新入社員に多い原因といえますが、仕事上でミスをすることはベテラン社員でもありますし、誰にでも起こりうる原因といえます。

 

原因2:残業による疲労が原因

「仕事に行きたくない…。休みたい…。」と思う原因の2つ目は「残業による疲労」です。

残業が多かったりすると、身体的にも疲労が溜まりますが、精神的にもストレスが溜まります。

そして、残業が多い=自分の時間が少なくなり、

  • 余裕が無くなる
  • やりたいことができなくなり、リフレッシュできない

ということに繋がります。

仕事で溜まったストレスが発散できなくて、精神的にいっぱいいっぱいになってしまい、

「会社に行きたくない」となってしまうことがあります。

仕事量が多すぎて「これってパワハラかも…」と思ったときの12の対処法

原因3:仕事に対するモチベーションの問題

「仕事に行きたくない…。休みたい…。」と思う原因の3つ目は「仕事に対するモチベーションの問題」です。

「自分が一所懸命にやった仕事が全く評価してもらえない、、、」

こうなると、仕事に対するモチベーションも下がってしまいますよね。
そして、「こんなのやってられない!もう仕事に行きたくない!」となってしまうことがあります。

 

原因4:仕事の手順・方法・技術的なことが原因

「仕事に行きたくない…。休みたい…。」と思う原因の4つ目は「仕事の手順・方法・技術的なことが原因」です。

「○○の仕事が苦手」
「○○の作業は何回やっても上手くできない」
「仕事が難しすぎて、どうしたらいいか分からない」

といった、仕事内容の手順・方法・技術的な部分でつまづいてしまい、会社に行きたくなくなることがあります。

「仕事のストレスでもう限界…」なときの15の対処法

原因5:上司からのパワハラ・同僚からのいじめが原因

会社・仕事に行きたくない原因の5つ目は「上司からのパワハラ・同僚からのいじめ」です。

「上司からのパワハラ」「同僚からのいじめ」

このような状況から、会社に行きたくないと思う時があります。

上司からの暴言等のパワハラで悩んで苦しんでいる方も多いかもしれません。

職場でのいじめは、「無視される」などの行為がありますが、いずれも仕事をしていく上で大きな障壁になってきます。

職場で孤立して人間関係で悩んで辛い人の8つの特徴と原因・対処法について【くわしく解説】

会社・仕事に行きたくない原因を改善できるかどうかが重要

会社・仕事に行きたくない時は、その原因を改善できるかどうかが重要です。

もし改善できれば、会社・仕事に行きたくない気持ちも無くなり、すっきりとした気持ちで毎日働くことができます。

しかし、そうでなければ、ずっと仕事に行きたくない気持ちのままです。

もし、改善できない場合は、上司に相談して、部署異動または転職を考えた方が良いといえます。

状況が改善しない場合は部署異動・転職等を検討してもよいかもです。

対処法3:知恵袋・ブログで同じような悩みををチェックしてみる

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の3つ目は「知恵袋やブログで同じような悩みをチェックしてみる」です。

「私、『仕事が辛くて、行きたくなくて、もう休みたい』と思って悩んでいるんですが、相談できる相手が誰もいません…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は、知恵袋やブログで同じような悩みををチェックしてみるのが良いかもしれません。

世の中にはあなたと同じような悩みを抱えている人がいっぱいいると思いますし、その悩みをすでに解決した人というのも多くいると思います。

そして知恵袋では、匿名ではありますが、悩みを持った人のリアルな声を聞くことができます。

中にはふさわしくないような質問、回答もあると思いますが、知恵袋やブログを通して、

「世の中には自分と同じように悩んでいる人がいるんだ!

「自分は1人じゃないんだ!」

と思えることで、心強く感じることができると思います。

今はスマホで・かんたんに知恵袋やブログをチェックできるので、たいした労力もいらないですし、「悩んだときは、まずは検索してみる」というのが良いかもしれません。

そして、匿名だからこそズバズバとストレートな意見も聞けるというところもあるので、あくまでも参考としてチェックしてみるのは良いといえます。

対処法4:仕事に対するモチベーションが原因の場合は、自分の仕事に対する考え方を変えていく

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の4つ目は「仕事に対するモチベーションが原因の場合は、自分の仕事に対する考え方を変えていく」です。

「自分が一所懸命にやった仕事が全く評価してもらえない、、、」

などの仕事に対するモチベーションが原因の場合は、自分の仕事に対する考え方を変えていくことで、状況が改善することがあります。

状況を改善する考え方は以下です。

「小さいことは気にしない!」

会社で、小さいことは気にしないで働くということが大事です。

頑張って働いても、陰で悪口を言われたり、ありもしない噂話をされたりすることも、時としてあるかもしれません。

そんな不条理なことを細かく気にしていたら、これからの長い社会人としての生活を乗り越えていくのは大変ですよね。

「自分は自分の仕事をしっかりと責任をもってやっている!

自分のことを悪く言いたければ言えばいい!

まじめに働くことを続けていれば、自分のことを理解してくれる人は必ず現れる!

会社の人全員に良く思われなくても、わかる人だけわかってくれればそれでいい!」

と割り切って考えることも、場合によっては大切と言えます。

「職場で嫌われてる」と思う人が、周りを気にしないで働くために大切な13のこと【徹底解説】

対処法5:自分の信頼できる家族や友人に相談してみる

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の5つ目は「自分の信頼できる家族や友人に相談してみる」です。

「仕事でいろいろと嫌なことがあって、会社に行きたくなくて、休みたいです…。何かモヤモヤします…。」

という人もいるかもしれません。

そのようなときは、自分の信頼できる家族や友人に相談してみるというのが良いかもしれません。

家族や友人なら、あなたの仕事の専門的なことは分からないと思いますが、あなたの悩みに寄り添って、あなたの感じている辛さに共感してくれるはずです。

そして、あなたのためになるようなアドバイスをしてくれると思うので、相談してみて損はないと思います。

また、家族や友人からしてみても、

「1人で悩みを抱えて辛くなっているよりは、相談してほしい…」

と思うのではないでしょうか。

客観的な視点からの意見が聞きたければ、家族や友人はベストといえます。

対処法6:仕事の手順・方法・技術的なことが原因の場合は、上司に相談してみる

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の6つ目は「仕事の手順・方法・技術的なことの場合は、上司に相談してみる」です。

会社・仕事に行きたくない原因が仕事の手順・方法・技術的なことの場合は、上司に相談することで問題が解決することが多くあります。

上司は、仕事をスムーズに行うコツも熟知しているし、技術的にも優れているはずです。

この場合は、まずは上司に相談するのが問題解決への近道と言えます。

仕事を早く辞めたい!もう限界!と思ったときの【8つの対処法】と自分を守るために大切な6つのこと

対処法7:仕事でミスしたことが原因の場合は、ミスを分析して改善する

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の7つ目は「仕事でミスしたことが原因の場合は、ミスを分析して改善する」です。

仕事でミスしたことが原因の場合は、一時的にはひどく落ち込むかもしれませんが、

「なぜそのようなミスをしてしまったのか?」

ということを自分なりにミスを分析して、その部分を改善していくことでミスがなくなり、状況を改善していくことができます。

対処法8:精神的に追い詰められているときは心療内科を受診する

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の8つ目は「心療内科を受診する」です。

「仕事に行きたくないです…。

朝仕事に行こうとすると、泣けてしまいます…。

食欲もないですし、夜も眠れません…。」

という人もいるかもしれません。

そのように精神的に追い詰められているときは、心療内科を受診するのが良いといえます。

  • 辛くて泣けてしまう
  • 夜眠れない
  • 食欲もない

などの症状は、あなたの体がSOSのサインを出しているといえます。

うつ病や自律神経失調症等になってしまう前に、メンタルのケアを早めに行った方が良いといえます。

仕事のストレスがやばくて辛いときの9つの対処法【徹底解説】

対処法9:仕事がつまらない…行きたくないときは「適性診断」をしてみる

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の9つ目は「適性診断をしてみる」です。

「今の仕事が全然楽しくないです…。

今の仕事が向いていないのかなとも思います…。

なので明日仕事に行きたくないです…。」

という人もいるかもしれません。

このように、「仕事が楽しくなくて、行きたくない」というときは、「適性診断」をしてみるのが良いかもしれません。

仕事には、「向き・不向き」があると思います。

自分に向いている仕事というのは、やっていてもストレスは感じにくいのですが、自分に不向きな仕事をしているときというのは、とてもストレスを感じると思います。

「人生の中で三分の一は働く時間」といわれていますので、その時間を、

  • やりがいを感じて過ごすのか?
  • それともストレスを感じて過ごすのか?

どちらになるかで、人生は大きく違ってくると思います。

今ではネットで無料で簡単に適性診断ができるので、一度はやっておいた方が良いといえます。

 

0円の適正診断という近道

 

最近は適性診断を行なっているサイトも増えてきていますが、「より的確に自分を把握したい」ということなら、ミイダスの方がいいかもです。

ミイダスは登録無料で

  1. パーソナリティ診断
  2. ミイダス市場価値診断
  3. コンピテンシー診断

の3つの超有料級の適性診断ができてしまうので、このサービスが続いているうちにやっておくのはありかもです。

もちろん登録無料なので「コスパ最強」です。

 

》》「ミイダス」公式サイトから無料登録はこちら

 

対処法10:仕事を休む

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の10つ目は、「仕事を休む」です。

また、、仕事を休むには、次の2つがあります。

  • 会社に連絡をして休みをもらう
  • バックレる・飛ぶ

バックレる・飛ぶは絶対にしてはいけません。

バックレる・飛ぶことによって、その時は一時的に会社から解放されて楽になれますが、すぐにその何倍ものデメリットに包まれます。

バックレる・飛ぶことによるデメリットは以下です。

バックレる・飛ぶことによるデメリット
  • 会社の上司・同僚からの信頼を無くす
  • 出世響く・出世できなくなる
  • 会社に余計に連絡しにくくなる
  • そして、会社に余計に行きにくくなる
  • バックレ・飛ぶことによって懲戒解雇となれば、次の転職もしにくくなる

バックレることは、メリットよりもデメリットが大幅に多いので、やめた方がいいと言えます。

会社を休むときは、必ず会社に連絡をしましょう。

「会社・仕事をバックレる・飛ぶ」のは危険!リスクと注意点について【くわしく解説】

残業による疲労が原因の場合は、会社を休んで、心と身体を休める

残業による疲労が原因の場合は、会社を休んで、心と身体を休めることが大切です。

  • 少し休憩して、睡眠をしっかりととる
  • ストレッチやマッサージなどで体をほぐす
  • 十分な栄養を摂る
  • 自分の趣味に没頭してリフレッシュする

等をすることで、明日からの仕事のやる気がわいてきて、状況の改善がのぞめます。

「仕事行きたくない…家にいたい…」、その4つの理由と8つの対処法について

「仕事に行きたくないとき」はまずは休むべきなのかも

「仕事に行きたくないときはまずは休むべき!」というのが私の経験則からの答えです。

会社・仕事に行きたくない時は、まずは一度仕事から離れて心身ともに休むことで、気持ちが改善して、立て直しできることが多いです。

仕事を休むことで、疲労が回復し、リフレッシュでき、「よし、明日からまた頑張ろう!」と思えます。

「仕事を辞めたい…」人間関係で悩んだときの7つの対処法

対処法11:仕事に仕事に行きたくない、やめたいときは、今の仕事をしながら転職活動をする

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法の11は「今の仕事をしながら転職活動をする」です。

「もう、今の仕事が嫌です…。

会社に行きたくないし、仕事を辞めたいと思ってます…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は、今の仕事をしながら転職活動をするのが良いかもしれません。

冷静になって考えてみれば、すでにあなたの心が「仕事に行きたくない…」と感じてしまっている時点で、すでにその仕事は辞め時なのかもしれません。

もしそうだとしたら、辞めたいと思っている仕事を続けることは、とても苦痛のはずです。

でも、今の仕事を何も考えないで辞めてしまったとしたら、仕事がなくて収入が途切れてしまい、生活に困ってしまいますよね。

なので、今の仕事をしているうちに転職先を探す必要があるわけです。

でも、働きながら次の仕事を探すのは、自分で探したり動いたりする範囲では限界があります。

 

【脱失敗】おすすめの転職方法は「転職のプロに相談」する

 

転職をする時は、会社選びのプロに相談するのがおすすめです。

転職支援サービスや転職エージェントなら、自分の適性に合った求人を紹介してくれます。

中でも特におすすめなのは以下の3つです。

特にオススメな転職サイト・エージェント
  1. マイナビエージェント(はじめての転職向け)
  2. マイナビジョブ20’s(第二新卒・既卒向け)
  3. UZUZ
マイナビエージェント(はじめての転職向け)
  • 20代に信頼されている転職エージェントNO.1なので間違いなし
  • はじめての転職で不安や悩みがある人も「専任のキャリアアドバイザー」がサポートしてくれるから安心
  • 転職支援サービスは現在「簡単・無料」申込でコスパ最強!

 

》》「マイナビエージェント」公式サイトから無料登録はこちら

マイナビジョブ20’s(第二新卒・既卒向け)
  • 20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント
  • 20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までを充実したサポート体制で手厚くサポート
  • 通常の転職サイトでは掲載されていない非公開求人が80~90%
  • キャリアカウンセリングで求職者の適性を見た上で求人紹介なので、 求職者自身で転職活動をするよりもミスマッチを防げる。

 

》》「マイナビジョブ20’s」公式サイトから無料登録はこちら

 

UZUZ
  • 厳しい求人基準を設定+企業への訪問調査を実施してブラック企業を徹底排除!
  • 未経験OK。20代理系(情報・電気電子・機械)に特化!
  • 就職支援実績、35,000人以上!
  • 内定率86%以上 ・書類通過率87%超 ・定着率は93%以上!

 

》》「UZUZ」公式サイトから無料登録はこちら

 

 

ちなみに、転職エージェントの中で、1つだけ登録するならマイナビエージェント

です。

業界最大手で幅広い求人をカバーしています。

迷ったらマイナビエージェント一択です。

 

》》「マイナビエージェント」公式サイトから無料登録はこちら

 

 

すぐに転職しない人も「転職サイトに登録だけ」はしておく

 

「今すぐ転職はしないかな」という人も、「転職サイトに無料登録だけはすませておく」というのがおすすめです。

転職サイトは担当者がつくエージェントと違って、自分で求人を検索をするので、マイペースに進めたい人にベストです。

「どの転職サイトがいいのか…。

転職サイトっていっぱいあるから迷うな…。」

という人は、まずはミイダスに登録するのがいいかもです。

ミイダスは、170,000社以上の企業から選ばれている優良転職アプリで、職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断します。

あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サービスです。

多くの転職者が利用していて、実績があるので、安心して転職活動できます。

また、

  1. パーソナリティ診断
  2. ミイダス市場価値診断
  3. コンピテンシー診断

の3つの超有料級の自己分析サービスができるのも特徴です。

自分の特性・仕事の強みを把握できて、転職活動を進めやすくなります。

診断は今のところ無料なので、ブラック企業・パワハラ上司に追い詰められて働けなくなる前に、まずは無料登録だけしておくのが賢い選択といえます。

「イキイキと新しい会社で働いている未来の自分がそこまで来てるのに、今何ひとつ行動しないとしたら、あなたは将来、絶対後悔することになると思います。

それに、登録無料なので、ミイダスはコスパ最強ですね。

 

》》「ミイダス」公式サイトから無料登録はこちら

 

対処法12:上司からのパワハラ・同僚からのいじめが原因なら、退職代行サービスを利用して「即日退職」してもよい

「仕事に行きたくない…。休む…。」そう思ったときの対処法12は、「上司からのパワハラ・同僚からのいじめが原因なら、退職代行サービスを利用して「即日退職」してもよい」です。

「上司からパワハラを受けていて困っている、、、」

「同僚からのいじめが辛い、、、」

というように、上司からのパワハラ・同僚からのいじめが原因なら、無理してその会社で働き続けるのはNGと言えます。

上司からのパワハラに対しては、

「上司の上司に相談する」

のが一つの方法ですが、それができない場合も多くあると思います。

「上司からのパワハラ・同僚からのいじめ」というような状況で無理して働き続けると、ストレスで精神的に病んでしまい、働けなくなってしまう場合もありますので、要注意です!

「即日退職したい…」と思ったときの8つの対処法【くわしく解説】

自分がつぶされてしまう前に退職するべき

「もう限界!苦しいし辛い、、、。すぐにでも会社を辞めたい」

という場合は、自分がつぶされてしまう前に退職するべきです。

そして、

「会社を辞めたくても辞めさせてもらえない…。

パワハラ上司に退職を言いづらい…。

もう会社と関わりたくない…。」

という人には、退職代行サービスがおすすめです。

退職代行サービスを利用することで、

自宅にいながら・スマホ一つで・即日退職

することができます。

しかしまだ利用を焦らないでください。

しっかりとこの記事を読んでから利用するようにしてください。

 

退職代行サービスの現状・実績

 

マイナビ転職動向調査2020年版では、「退職代行利用経験あり・利用意向あり」が25.7%の結果に!

過半数の人が「上司に退職意向を伝えるのが億劫」とのことです。

退職代行サービスは、需要が高く、100社以上あります。

また、2020年で推定3万人の方が退職代行サービスを利用して退職をしています。

つまり、

「日本で年間約3万人が退職代行サービスに助けられてる!」

ってことなんです!

それだけ利用者数が増えているということにもビックリですが、このような便利なサービスがあるということにもビックリしている人も多いはずです。

 

退職代行サービスを利用する人の条件

 

退職代行サービスを利用する人の「条件」は、

  • 円満退職できない人
  • ブラック会社・パワハラ上司から助けてほしい人

です。

自分で円満退職ができる人は、自分で退職の交渉を会社とすればよいので、退職代行サービスを利用する必要はないです。

 

退職代行サービスで本当に即日に会社を辞めれるのか

 

「退職代行サービスで本当に即日に会社を辞めれるの?」
「せっかく高いお金を支払って退職代行サービスを利用したのに、上手く退職ができなかったらどうしよう…。」

という不安もありますよね。

その点、「返金保証付」の退職代行サービスもあり、支払った料金がパーになってしまうことは防げますし、しっかりとした退職代行サービスなら、法律に基づいて退職の手続きをしてくれるので安心です。

「嫌な会社を即日に辞めれるサービスなら、100,000円払ってでも利用したい!」

という人もいるかもしれません。

実際は20.000円代から30,000円の価格帯が多いのですが、それでも会社員の人にとっては大きな出費ですよね。

 

本当に退職代行サービスを利用する価値はあるのか

 

「本当に退職代行サービスを利用する価値はあるのかな?」

と疑問に思う人もいるのではないかと思います。

もう一度言いますが、自分で退職の交渉ができる人は利用する必要はないので、20.000円〜30,000円の支払いができない人は、自分で退職の交渉をすればよいと思います。

「マジでもう二度と上司に会いたくない!

すぐにでも辞めたい!」

という人には、高いお金を払ってでも、この退職代行サービスを利用する価値があります。

実際に「嫌な会社を、手間なく即日退職できる!」となると、お値段以上のサービスであることは間違いないです。

それに、料金の20.000円〜30,000円くらいなら、次の新しい会社で・好きな仕事をして・稼いで回収すればいいだけのことですよね。

 

退職代行サービス業者とはどんなやりとりをするのか

 

「退職代行サービス業者とは、どんなやりとりをするの?」

担当者とは退職の経緯・退職手続きの進め方など頻繁に連絡を取ることになります。

その点、いちいち電話をしていたのでは、やり取りで疲れてしまいますし、即日退職を希望している場合は、スピーディーにやり取りしたいですよね。

その点、「Line対応可」の退職代行サービスなら、比較的スムーズにやり取りできるので、ストレスフリーに退職を進められます。

嫌な会社で奴隷のように働くくらいなら、退職代行サービスを利用して即日退職して心機一転新しい会社でリスタートする方が良いといえます。

もし、あなたが即日退職したいくらい辛くて苦しんでいるのなら、今行動しなかったら、将来絶対後悔することになると思います。

 

「失敗しないおすすめ退職代行」

 

失敗しないオススメの退職代行サービスをいくつかピックアップしました。

退職代行サービス会社は100社以上ありますので、すべて解説していたら、「即日退職したい」という人の機会を逃してしまいかねませんので、厳選した「失敗しないおすすめ退職代行」のみあげておきます。

どれもほぼ確実に退職できるので、安心の6社です。

<失敗しないおすすめ退職代行リスト6社>

失敗しないオススメ退職代行リストは以下です。

失敗しないオススメ退職代行リスト
  1. 退職代行JOBs
  2. 退職代行サービスSARABA
  3. 退職代行ガーディアン
  4. 弁護士法人みやびの退職代行サービス
  5. 女の退職代行
  6. 男の退職代行
退職代行JOBs
  • LINE相談可
  • 即日退職可
  • 顧問弁護士監修の退職代行+労働組合と連携
  • 「一般の退職代行」と違って、会社と交渉可
  • 万が一、退職できなければ返金保証付きで安心
  • 全国対応・すべての都道府県で実績あり
  • 24時間対応
  • 退職が完了するまで期間無期限でフォロー
  • メディア掲載多数
  • セラピストの資格を持った弁護士によるカウンセリング特典あり
  • 無料の求人紹介サービスあり
  • 引っ越しサポートあり
  • 料金:27.000円(税込)+(任意)労働組合費2.000円

 

》》退職代行JOBs」公式サイトからお申し込みはこちら

 

退職代行サービスSARABA
  • LINE相談可
  • 即日退職可
  • 労働組合運営
  • 「一般の退職代行」と違って、会社と交渉可
  • 万が一、退職できなければ返金保証付きで安心
  • 24時間365日いつでも無料相談OK
  • メディア掲載多数
  • 特典1:行政書士監修 退職届プレゼント
  • 特典2:成功率98%・有給消化サポートあり
  • 無料転職サポート付
  • 退職成功率ほぼ100%
  • 料金:一律25.000円

 

》》退職代行サービスSARABA」公式サイトからお申し込みはこちら

 

退職代行ガーディアン
  • LINE相談可
  • 即日退職可
  • 労働組合法人運営
  • 「一般の退職代行」と違って、会社と交渉可
  • 365日全国対応
  • メディア掲載多数
  • 退職成功率100%
  • 料金:一律29.800円

 

》》退職代行ガーディアン」公式サイトからお申し込みはこちら

 

弁護士法人みやびの退職代行サービス
  • LINE相談可
  • 即日退職可
  • 弁護士による退職代行なので会社との交渉・代理請求可
  • 全国対応
  • 24時間対応
  • メディア掲載多数
  • 料金:着手金55.000円+オプション費用回収額の20%(残業代請求・退職金請求)

 

》》弁護士法人みやびの退職代行サービス」公式サイトからお申し込みはこちら

女の退職代行
  • LINE相談可
  • 即日退職可
  • 労働組合法人運営
  • 「一般の退職代行」と違って、会社と交渉可
  • 万が一、退職できなければ返金保証付きで安心
  • 365日全国対応
  • メディア掲載多数
  • 退職成功率100%
  • JRAA(日本退職代行協会)より特別に優れた退職代行業者として認定
  • 多数の転職エージェントと連携
  • 転職お祝い金最大5万円あり
  • 月額3.300円(税別)のサブスク退職あり
  • 「セクハラ」「マタハラ」「パワハラ」「陰険なイジメ」など、女性特有の悩みに特化。女性が選ぶNO.1!
  • 料金:アルバイト19.800円(税込)・正社員29.800円(税込)

 

》》女の退職代行」公式サイトからお申し込みはこちら

男の退職代行
  • LINE相談可
  • 即日退職可
  • 労働組合法人運営
  • 「一般の退職代行」と違って、会社と交渉可
  • 万が一、退職できなければ返金保証付きで安心
  • 365日全国対応
  • メディア掲載多数
  • 退職成功率100%
  • JRAA(日本退職代行協会)より特別に優れた退職代行業者として認定
  • 多数の転職エージェントと連携
  • 転職お祝い金最大5万円あり
  • 月額3.300円(税別)のサブスク退職あり
  • 「残業・ノルマ・責任・ストレス等」男性に特化
  • 20代30代男性が選ぶNO.1!
  • 料金:アルバイト19.800円(税込)・正社員29.800円(税込)

 

》》男の退職代行」公式サイトからお申し込みはこちら

 

この退職代行サービス6社ならハズレはないので、どれを選択しても大丈夫なので安心です。

まとめ

まとめ

ここまで、「仕事に行きたくない…。休む…。」と思う原因と対処法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

人生の中で3分の1は働く時間

先ほどもふれましたが、一日24時間のうち、8時間は仕事の時間とすると、

「人生のうちの3分の1は働く時間」

となります。

働く時間を充実させることで、あなたの人生が充実したものとなります。

自分の働く時間のことを疎かにせずに、しっかりと考えるようにしましょう。

仕事を休むときに大切な3つの考え方

仕事を休むときには次の3つの考え方が必要です。

仕事を休むときに必要な3つの考え方
  1. 困ったときはお互い様
  2. 人生で一回も仕事を休まない人はほぼいない
  3. 最悪の場合、転職すればよい

考え方1:困った時はお互い様

「会社を休むと、同僚に迷惑をかけてしまうのでは、、、」

と気にされる方もいるかもしれません。

会社を休むと、同僚に迷惑をかけてしまいます。

しかし、そのリスクは誰にでもあるものであり、「お互い様」のことです。

周りが困ったときは自分がフォローして、自分が困ったときは周りにフォローしてもらえばいい。

その考え方で大丈夫です。

考え方2:人生で1回も会社を休まない人はほぼいない

会社で働くのは、ロボットではなく生身の人間です。

人には、日々様々な心情の変化があり、毎日こころがいろいろな感情を捉えて生活しています。

そんな中で、自分の心がバランスを崩してしまう時が少なからずあります。

それは、みんな同じであり、一生のうちで仕事を一回も休まない人というのは、ほぼいないと言えます。

「大人といえども、人間だから【完ぺきな人】なんていない」

そのように考えれば少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

考え方3:最悪の場合は転職すればよい

もし、会社を休んだことがきっかけで以下のようなことがあるようなら、「最悪の場合、転職すればよい」と覚悟を決めておくと精神的に楽になります。

次のようなことがあるなら転職の覚悟を決めておくべき
  • 会社を休んだことで、職場でいじめられる
  • 会社を休んだことで、気まずくなる
  • 会社を休んだことで、働きにくくなる

あなたが背負っているストレスは全て仕事上のものであり、会社を辞めることで、そのストレスから解放されます

今の時代、転職は特別なことではなく、当たり前のことです。

自分のライフスタイルや考え方に合った、生きがいのある仕事を選択していきましょう。

市場価値診断なら、ミイダス!

\約5分でかんたん無料登録!/