会社 辞めたい

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき10の対処法【くわしく解説】

上司が信用できないときに今すぐやるべき10の対処法くわしく解説
マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
上司を信用できない人
上司を信用できない人
「職場で自分の上司のことが信用できません…。

何かトラブルがあったりミスがあったりすると、その責任を全て部下に押し付けて、自分は逃げてしまいまい、最低です。

上司が嫌だといっても、仕事はしなければいけないし…。

どうすれば良いでしょうか…?」

仕事博士
仕事博士
「分かりました!

上司が信用できないときにどうしたらいいかですね。

くわしく解説していきましょう!」

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

この記事は以下の人のために書きました。

  • 自分の上司のことを信用できないと思っている人
  • 上司のことを信用できないときの対処法を知りたい人

この記事を読むことで以下のメリットがあります。

  • 上司のことを信用できないときの対処法がわかり、気持ちがラクになります

では早速いきましょう!

 

信頼性

私は、国家資格 精神保健福祉士の資格を持っています。

職場のメンタルヘルスの分野で、ストレスでうつ病などの精神障害を患い、その方が再就職したり自立して社会で生活するための相談にのる専門家です。

今まで、精神障害をもった方の仕事の悩みなどの相談を受けてきた経験があります。

実は、自分も以前の職場で

「上司のことを信用できない…」

と思ったことがあります。

上司からは毎日、

「おい、そんな仕事もできないのか!

バカ野郎!大学出てるのに使えねえな!」

と暴言を吐かれ続けていました。

自分はその上司の「憂さ晴らしの標的」にされてしまったようです。

私は精神的に追い詰められ、うつ症状となり、心療内科を受診後に仕事を休職し、その後退職となり、とても辛い思いをしました。

その辛い経験から学んだことをみなさんに少しでもお伝えできればと思います。

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき10の対処法

上司が信用できないときに今すぐやるべき10の対処法

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法は以下です。

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき10の対処法
  1. 自分の仕事を淡々とする
  2. 上司のそのまた上司に相談する
  3. 上司に合わせたふりをして上司をうまく使う
  4. 自分が仕事をできるようになって上司を見返す
  5. 自己開示をしながらも自己主張もしっかりするようにする
  6. 良い意味で良い関係をあきらめる
  7. 上司の言葉ではなく、行動で判断する
  8. 嫌な上司をしっかりと観察し、丁寧に接する
  9. 心療内科を受診する
  10. 会社を辞める

対処法1:自分の仕事を淡々とする

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の1つ目は、「自分の仕事を淡々とする」です。

「上司が僕に対しての不満を他人に話しているようです…。

また、他人の不満も僕に話してきて困ります…。

そういう上司って信用できません…。」

という人もいるかもしれません。

そのようなときは、自分の仕事を淡々とするということが大切かもしれません。

普通に考えれば、上司として「部下の不満を周りに漏らしている」だなんて、最低だと思います。

そんな上司だとしたら、大切な相談話なんて怖くてできないですし、部下は本当に困ると思います。

だからといって、おそらくそのような人が今後性格が変わるとも考えにくいので、そこは、

「自分の仕事はしっかりとして、上司とは当たり障りなく付き合っていく」

というのが良いといえます。

上司が信用できないという人が多くいるとは思いますが、いちいち上司の顔色を見てご機嫌伺いをしているのでは精神的にまいってしまい、心がもたないと思います。

また、

あなたの貴重な人生の時間の中で、そのような「信用できない上司」のことを考えている時間さえも、もったいなく感じる

のではないかと思います。

なので、自分の仕事を誰からも文句を言われないようにしっかりと淡々とするということが1番良いのかもしれません。

「自分が会社で1番仕事ができる!集中して取り組めている!」と思えるようになれば、信用できない上司のことなんかどうでもよく思えるようになるかもしれません。

\ おすすめ記事 /
「職場で嫌われてる」と思う人が、周りを気にしないで働くために大切な13のこと【徹底解説】

対処法2:上司のそのまた上司に相談する

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の2つ目は、「上司のそのまた上司に相談する」です。

「上司が全然やる気がなくて、何かトラブルがあるとすべて部下のせいにしてきて困っています…。」

という人もいるかもしれません。

そのようなときは、「上司のそのまた上司に相談する」というのも1つの手段といえます。

上司のそのまた上司に相談することで、仕事の悩み事に対して的確なアドバイスをしてくれるでしょうし、それに、

「上司は一体何をやっているんだ!」

ということになって、ダメな上司に対しては、注意して改善してくれるということにもつながるかもしれません。

上司に相談できない時は上司のそのまた上司に相談するのが良いかもしれません。

\ おすすめ記事 /
「上司が嫌いでもう限界…」の人が自分を守るための正しい10の対処法【くわしく解説】

対処法3:上司に合わせたふりをして上司をうまく使う

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の3つ目は、「上司に合わせたふりをして上司をうまく使う」です。

「上司のことが信用できないので、何か指示をされても反抗してしまいます…。

自分はこのままで良いのでしょうか…?」

と疑問に思っている人もいるかもしれません。

そのような人は、「上司に合わせたふりをして上司をうまく使っていく」ようにするのが良いかもしれません。

いくら自分の上司のことが信用できなくても、上司と部下の関係というのは、会社では「仕事でつながっている上下関係」にあたります。

もしあなたが、上司が信用できなくて反抗しているのだとしたら、当然仕事の遂行にも支障が出ますし、組織が機能しなくなって悪い影響を与えてしまいますよね。

でも、会社では「仕事は上司から部下に指示をする」というのが基本的なスタイルですので、もし上司に反抗したとしたら、その反動がそのままあなたに返ってきてしまうことになるはずです。

なので、この場合、上司に反抗するということを考えるよりよりも、上司をうまく使って仕事をするということを考えた方が良いといえます。

つまり、

「裏ではしっかりと自分の考えを持っておきながら、表向きは意見の違う上司に合わせたふりをする」

ということです。

そうすることで部下はしっかりと仕事のタスクをこなせますし、反抗するストレスを良い方向に転換することができるわけです。

上司のことが信用できないからといって、上司を無視して仕事をしていくことは難しいわけなので、無理に上司に逆らわず、上司をうまく使ってコントロールするということが大切といえます。

\ おすすめ記事 /
「仕事を辞めたい…」人間関係で悩んだときの7つの対処法

対処法4:自分が仕事をできるようになって上司を見返す

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の4つ目は、「自分が仕事をできるようになって上司を見返す」です。

「上司のことが信用できないしムカつきます…。

その上司をやめさせたいんですけど、どうすればよいですか…?」

という人もいるかもしれません。

嫌な上司をやめさせたいと思うあなたのその気持ちは理解できますが、それは、残念ながら今の部下というあなたの立場からは難しいのではないでしょうか。

なので、

「まずは自分が仕事ができるようになって上司を見返す!」

ということを考えるのが良いといえます。

そして、

  • 自分が仕事ができるようになって、スキルアップして転職する!
  • 自分が上司となって指示を出す立場になる!

など、選択していけば良いでしょう。

自分がスキルアップすることで、選択技が増えますし、それに反比例して仕事の作業ストレスは低くなるはずです。

仕事を続けるにしても辞めるにしても、「どう転んでもあなたにメリットがあるようにしたい」というようなら、まずは自分がスキルアップすることを考えて、信用のない上司の下で我慢をして働くというのも良いのかもしれません。

\ おすすめ記事 /
「会社・仕事が限界!ストレスでもう無理!」SOSの11のサインと対処法について【詳しく解説】

対処法5:自己開示をしながらも自己主張もしっかりするようにする

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の5つ目は、「自己開示をしながらも自己主張もしっかりするようにする」です。

「上司がすごく干渉してきます…。

仕事の時間だけじゃなく休みの日にも連絡してきて電話に出ないと、

『なんで電話に出ないんだ!休みの日も必ず電話にでなさい!』

と言われてしまいます…。

すべてを管理されているようで嫌なんですが、どう対応したらいいのか分かりません…。」

という人もいるかもしれません。

上司と部下の関係というのは、あくまでも仕事上での関係ですので、プライベートの休みの日まで鑑賞されるのはちょっとキツイですよね。

それぞれの上司によっても考え方は違うわけなのですが、上司にも仕事のスケジュール調整などで、

「ある程度、部下の動きも把握しておきたい…」

ということなのかもしれません。

もしかしたら、上司からしてみれば、その部下と少しでも親しくなりたいと思っていて、会話の1つのきっかけとしてそのようにあなたに言ってきているのかもしれません。

そのような上司には、

あれこれ言われる前に、言える範囲で自分のスケジュールを開示してしまう!

というのが良いのかもしれません。

上司からしてみれば、部下が何も話をしてくれないよりは、色々と話をしてくれて頼りにしてくれたりした方が嬉しいわけなのです。

きっと、ある程度の自分のスケジュールを説明してあげれば、上司も安心すると思います。

そして、それと同時に、

「自分は仕事以外のプライベートはあまり干渉されたくないです!」

ときっぱりと主張してしまった方が楽なのかもしれません。

そうすれば上司も、

「この部下は、こういう考え方なんだ」

と理解することができますし、それにかぶせてさらに干渉してくるということはなかなか考えにくいといえます。

人間関係の中で、「自分は〇〇です!〇〇という考え方です!」と自己開示と自己主張もしっかりするということは必要なことだといえます。

上司は部下が自分の考え方と違うということよりも、「何も言わないし、何を考えているのかもわからない。部下とコミュニケーションが全然取れない。」ということの方が嫌なのかもしれません。

\ おすすめ記事 /
仕事量が多すぎて「これってパワハラかも…」と思ったときの2つの注意点と5つの対処法

対処法6:良い意味で良い関係をあきらめる

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の6つ目は、「良い意味で良い関係をあきらめる」です。

「うちの上司は、自分が全然仕事ができていないのに、部下の自分にばかり注意してきます…。

言っている内容は的を得ていて正しいと思うのですが、その上司が口ばかりで信用できないので従いたくありません…。」

という人もいるかもしれません。

そのような時は、良い意味で「上司と良い関係を築くことをあきらめる」ということが必要かもしれません。

上司と部下では仕事の内容も違いますし、役割や仕事の責任も全然違いますよね。

たしかに、部下からしてみると、

「上司は人間として汚い!まずは自分が行動してみろ!」

と言いたくなる気持ちになるかもしれません。

しかし、「部下を注意して、動かしていく」というのは、上司の役割でもありますし、上司と部下の関係上そのような不満が生まれるのは、ある意味しょうがないことなのかもしれません。

もしそうだとしたら、あなたの部下としての立場では、上司に注意されたことをしっかりと反省して、次に同じ注意を受けないようにするというように、しっかりとメッセージの根本的な意味を受け止めて改善していくほかはないのではないでしょうか。

そして、

セコイ上司を「反面教師」として覚えておき、自分が上司になったときに、自分の部下にはそのようなことはしないようにする!

というようにすれば良いのではないかと思います。

上司と部下は、あくまでも仕事を遂行する上での関係です。結果が出ていれば別に良い関係でなくても問題ないともいえます。

\ おすすめ記事 /
「会社、辛い、行きたくない」上司からパワハラを受けて退職した私の体験談

対処法7:上司の言葉ではなく、行動で判断する

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の7つ目は、「上司の言葉ではなく、行動で判断する」です。

「上司のどんなところを見て信頼できるかどうかを判断すれば良いのでしょうか?分かりません…。」

という人もいるのかもしれません。

そのような人は、上司の言葉だけを見るのではなく、その上司の行動で判断するというのが良いといえます。

口が上手い上司だったり、都合よく態度を変える上司だったりすると、その上司の言葉の表面をなぞったでいただけでは、その上司の本心は見えてこないと思います。

それよりも実際に上司は

  • 「どんな態度で、何を達成しているのか」
  • 「何を実践して、どんなことを行動しているのか」

といった「上司の背中」を見ることで、その上司の本当の実力が見えてくると思います。

できる上司というのはやはり行動力がありますし、目標達成する力があるわけです。

迷ったときは、「上司の背中を見て判断する」と決めておけば、間違いないのではないでしょうか。

対処法8:嫌な上司をしっかりと観察し、丁寧に接する

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の8つ目は、「嫌な上司をしっかりと観察し、丁寧に接する」です。

「信用できない上司とできるだけうまく働くには、どうしたら良いのでしょうか…?」

と疑問に思っている人もいるかもしれません。

そのようなときは、「嫌いな上司であればあるほど、上司の行動を観察して、上司に対して人として丁寧に接していく」というのが良いのかもしれません。

上司の仕事ぶりや行動、所作、言動を観察して、良いところは盗む、そして悪いところは、「反面教師」として真似をしないようにする!

ということが大切といえます。

もしかしたら嫌な上司と出会うということは、良い上司と出会うのと同じくらい貴重なことかもしれません。

嫌な上司と出会うことで、いろいろと気づくことができて、人として成長できるわけです。

そのことは、考え方によっては、あなたの人生において「宝物」ともいえる体験なのかもしれません。

またそのような嫌な上司に対して、無視をするということは、誰にでもできることだと思いますが、そこで無視をするのではなく、信用できない上司に対して、あえて「人として丁寧に接する」ということが大事だといえます。

なぜなら、あなたがその嫌な上司に対して、どのように対応するかということを周りは見ていますし、そんな場面できちんと対応できる人なのかどうか、ということが試されている場面でもあるのです。

これはある意味、

「自分にとって嫌な出来事を、自分の高評価に変えるチャンス!」

でもあるわけです。

なので、そのような嫌な上司に出会ったことをプラスに考えて、あえて丁寧に人としてしっかりと接するということが大切といえます。

\ おすすめ記事 /
職場でいじめられたら退職したほうがよい3つの理由

対処法9:心療内科を受診する

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の9つ目は、「心療内科を受診する」です。

「以前に上司から受けたパワハラがどうしても許せず、上司のことをいまでも信用できません…。

上司には会いたくないですし、会社に行くのが辛いです…。」

という人もいるかもしれません。

そのような上司からのパワハラがトラウマになってしまって辛い人は、心療内科を受診するのも1つの手段といえます。

もし、あなたがその上司のせいで、

  • 人と会うのが嫌
  • 怖い
  • 悔しくて泣けてしまう
  • 手の震えが止まらない

などの症状がある場合は、心療内科を受診して、自分が上司からどんなひどいことをされたのか先生に話を聞いてもらうだけでも、気持ちはかなりラクになるかと思います。

また、会社に行かなければならないと思い詰めているときに、先生から、

「大丈夫。あなたは悪くないですよ。

そのような状態で会社に無理して行く必要は無いですよ。」

と診断してもらい、眠剤や抗不安剤を処方してもらえれば、さらに気持ちが落ち着けると思います。

自分の気持ちが不安定なときは、無理をせずに心療内科を受診するということが必要といえます。

\ おすすめ記事 /
パワハラ上司に退職を言えない雰囲気「会社を辞めたいのに辞めれない」時の対処法

対処法10:会社を辞める

「上司が信用できない…」ときに今すぐやるべき対処法の10こ目は、「会社を辞める」です。

「上司が私のことをイジメてきます…。

たくさん同僚はいるのですが、いつも自分だけ連絡が回ってこないし、飲み会等にも1度も呼ばれたことがありません…。

それにいつも自分だけ大変な仕事を任され、それができないと、

『そんなこともできないのか!だめなやつだ!』

と暴言を図れる毎日で、とても辛いです…。」

という人もいるのかもしれません。

そのようなときは、「会社を辞めて転職する」というのも1つの手段といえます。

いじめやパワハラをしてくる上司というのは、残念ですがたくさん存在するようです。

そして、そんないじめやパワハラに耐え続けていると、やがては精神的に追い詰められてしまい、働けなくなってしまうこともあるので、注意が必要といえます。

「もう精神的に限界…」ということなら、

迷わずそのような会社は辞めて、新しい会社で心機一転リスタートをする!

というようにした方が良いといえます。

会社を辞めるということは、逃げたと思われるかもしれませんが、逃げるということも、ときには必要だと思います。

そのような上司と関わり続けて、嫌な気持ちになって働くくらいなら、少しの勇気を出して会社を辞めるということも必要といえます。

\ おすすめ記事 /
仕事を早く辞めたい!もう限界!と思ったときの【8つの対処法】と自分を守るために大切な6つのこと

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!