会社 辞めたい

「仕事を辞めたい」と言えないときの11の対処法【くわしく解説】

仕事を辞めたいと言えないときの11の対処法

「仕事を辞めたい」と言えないときの11の対処法【くわしく解説】

市場価値診断なら、ミイダス!

\約5分でかんたん無料登録!/

\年間52.000人が登録!利用無料!転職ならマイナビ!/

会社を辞めたい人
会社を辞めたい人
会社で上司に仕事を辞めるって言えなくて困っています…。

私のように、仕事を辞めたくてもなかなか言えないときは、どうすれば良いのか教えて欲しいです。

仕事博士
仕事博士
分りました!

会社に「仕事を辞める」と言えないときの対処法ですね!

では順番に解説していきましょう!

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

この記事は以下の人に読んで欲しいです。

  • 上司に「仕事を辞める」と言えなくて困っている人
  • 上司に「仕事を辞める」と言えないときの対処法を知りたい人

この記事を読むことで以下のメリットがあります

  • 上司に「仕事を辞める」と言えないときの対処法が分かります

では早速いきましょう!

「会社を辞めたい…」と言えないときの11の対処法

パワハラ上司に退職を言えない雰囲気会社を辞めたいのに辞めれないときの6つの対処法

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法は以下です。

「会社を辞めたい…」と言えないときの11の対処法
  1. 我慢して働く
  2. 退職届を書いておく
  3. 仕事を休んで落ち着いて進路を考えてみる
  4.  友人家族に相談する
  5.  上司の上司に相談する
  6.  労働基準監督所へ相談する
  7.  会社を訴えたい場合は弁護士に相談することも検討する
  8. お金のことが心配でやめれない時は、副業で在宅ワークを始めてみる
  9. 辞めるにしても辞めないにしても一度仕事の適性診断をしておく
  10. 働きながら転職活動をしておく
  11.  もう限界!「即日退職」したい場合は退職代行サービスを利用して退職する

対処法1: 我慢して働く

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の1つ目は「我慢して働く」です。

  • これからも自分が我慢すれば何とかなるんじゃないか、、、
  • 悪いのは仕事ができない自分だよな、、、
  • 上司に暴言を吐かれても歯を食いしばって我慢だ、、、

と自分のことを責めてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、これはとても危険です。

そのままパワハラを我慢して働き続けていると、精神的ストレスで病んでしまう可能性があるからです。

ストレスで体調を崩し、夜眠れなくなったり、身体の疲れが取れなかったり、いろいろな身体の不調が現れて、ひどくなると働けなくなってしまうことだってありますので、注意が必要です。

「まずは自分が我慢、、、」と考えている人が多いと思いますが、必ずしもこれが1番良いとは限りません。

「会社、辛い、行きたくない」上司からパワハラを受けて退職した私の体験談

市場価値診断なら、ミイダス!

\約5分でかんたん無料登録!/

\年間52.000人が登録!利用無料!転職ならマイナビ!/

対処法2:退職届を書いておく

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の2つ目は「退職届を書いておく」です。

「仕事を辞めることを伝えようと上司の前に行くと、緊張して退職の話を切り出せません…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は、まだ自分の中で仕事を辞める気持ちが固まっていないのかもしれません。

そういうときは、先に退職届けを書いてしまうのが良いといえます。

退職届を準備することで、

「これを出せば会社を辞めれるんだ!」

と決心ができて、退職が現実味をおびてきます。

そして、会社を退職することが具体的にイメージできるようになると、自分の中で仕事を辞める決意もしやすいですし、上司にも退職を言い出しやすくなると思います。

退職届を書いて、自分の仕事を辞める気持ちを固めておきましょう。

「仕事・会社を辞める」と言えない・言い出しづらい5つの理由と3つの対処法

対処法3:仕事を休んで落ち着いて進路を考えてみる

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の3つ目は「仕事を休んで落ち着いて進路を考えてみる」です。

「今の仕事がとても嫌になっています…。

作業がキツすぎて、おまけに毎日残業ばかりで、心身ともに疲弊してます…。

上司に退職を告げる気力すらない状態です…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は一度仕事を休んで、落ち着いて進路について考えてみるのが良いかもしれません。

仕事がハードすぎて、毎日の仕事に追われている生活の流れの中では、落ち着いて自分の将来を考えることができないと思います。

そのままズルズルとハードな仕事を続けて消耗していくよりは、一度仕事を休んで、心と身体を休ませながら、

  • 自分の人生これから何をしていきたいのか?
  • どんな人生を歩みたいのか?
  • 何を大切にしてこれから生きていきたいのか?
  • 仕事でどのようなキャリアを築いていきたいのか?

ということを、しっかりと考えた方が良いといえます。

時として一度立ち止まって、「自分の本心」と向き合ってみるということはとても大切です。

「仕事に行きたくない…。休む…。」と思ったときの12の対処法 くわしく解説

対処法4:友人、家族に相談する

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の4つ目は「友人、家族に相談する」です。

会社での悩み事を相談するのは、一番身近な「友人、家族」という人が多いかもしれません。

「自分に親しい友人、家族」なら、あなたにとって損な回答をすることは少ないでしょう。

会社の中でストレスを感じていると、視野がどんどん狭くなって、一般的な感覚が分からなくなることがあります。

  • 常識的に考えたら、それはおかしいよね
  • その会社やってることが非常識だよね

ということに「友人、家族」は気づかさせてくれます。

自分の身の回りで起こっている仕事の悩みを、常識的な目線で回答してくれるのは、家族・友人です。


「仕事を辞めたい…」人間関係で悩んだときの7つの対処法

対処法5:上司の上司に相談する

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の5つ目は「上司に相談する」です。

会社を辞めると決めているのなら、早めに伝えた方がよい

「今いる会社をすぐに辞めたいんだけど、なかなか言えなくて困ったな…。

なにか良い方法はないかな…?」

と考えている人もいるかもしれません。

会社を辞めると決めているのなら、早めに伝えた方がよいといえます。

そして、すでに辞めることが決定事項であるならば、

「〇か月後の〇月には辞めます!」

ときっぱりと伝えればよいといえます。

【パート・バイトを辞めさせてもらえない】もう限界!引き止めにあって困っているときの4つの対処法

市場価値診断なら、ミイダス!

\約5分でかんたん無料登録!/

\年間52.000人が登録!利用無料!転職ならマイナビ!/

書面で退職届を提出することで、「あなたの退職に対しての本気度」がさらに会社に伝わる

また、口頭だけではなく、きっちりと書面で「退職届」を提出して、退職の意思を伝えるということが大事です。

その方が、よりあなたの本気度が会社に伝わります。

そして、会社側が受理してくれればそれでよいのですが、もし、受理されない場合は、内容「証明郵便で退職届を提出する」という方法もあります。

大事なことは、「基本は自分で辞める理由を会社に伝えて辞めるしかない」ということです。円満に退職をするためにも、退職届は提出するようにしましょう。

また、

「もし上司がパワハラをしてきた場合は、会社の誰に相談すればいいの?」

と思う人もいるかもしれません。

その場合は、そのパワハラをした上司のさらに上司に相談するべきです。

基本的に、会社での悩みなどはまずは自分の上司又はそのまた上司に必ず相談するべきです。

上司が状況を改善してくれて、問題が解決すると言うことも多くあります。

もしくは、会社に労務相談があるような場合は、そこに相談してみるのも良いと思います。

仕事を早く辞めたい!もう限界!と思ったときの【8つの対処法】と自分を守るために大切な6つのこと

対処法6:労働基準監督所へ相談する

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の6つ目は「労働基準監督署へ相談する」です。

会社の上司の上司に相談をしても、問題が解決しないようなら、労働基準監督署へ相談するのも1つの手です。

具体的には、労働基準監督所の「総合相談コーナー」で職場のトラブルに関する相談や、解決のための情報提供をワンストップで行っています。

  • 相談無料、予約不要、秘密厳守ですので安心して相談できます。
  • 相談の際には、「いつどんなことを言われたのか、されたのか」わかりやすく記録しておくとスムーズに相談でき良いでしょう。

労働基準監督署の役割・窓口・相談内容をくわしく解説【これで会社のトラブルも安心です】

対処法7: 会社を訴えたい場合は弁護士に相談することも検討する

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の7つ目は「会社を訴えたい場合は、弁護士に相談することも検討する」です。

「上司のパワハラによって、精神的に病んでしまい働けなくなってしまい、大きな損害を受けた、、、」

という場合もあるかもしれません。

  • 仕事のストレスで鬱病になってしまったが、会社側が安全配慮義務を怠っているので、会社に損害賠償を請求したい、、、
  • 職場内でいじめられており、そのストレスが原因で精神疾患を患ったので、慰謝料を求めて、損害賠償請求をしたい、、、

というように、会社に対して損害賠償請求等の法的措置を検討している場合は、弁護士へ相談するようにしましょう。

仕事を早く辞めたい!もう限界!と思ったときの【8つの対処法】と自分を守るために大切な6つのこと

対処法8:お金のことが心配でやめれない時は、副業で在宅ワークを始めてみる

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の8つ目は「お金のことが心配でやめれない時は、副業で在宅ワークを始めてみる」です。

「今の職場は人間関係がほんと最悪で、すぐにでもやめてやりたいんですけど、でもやっぱり会社を辞めるとなると、お金のことが不安で、なかなか辞めるって言えません…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は副業で在宅ワークを始めてみるのが良いかもしれません。今は「副業の時代」ということもあり、多くの人が「スキマ時間」や「休みの日」を利用して副業で稼いでいます。

副業は、

  • 軽作業
  • 記事の執筆
  • 似顔絵描き
  • デザイン他

多くの種類があるので、自分に合った副業を選ぶことができます。

月数万円のお小遣い程度を稼いでいる人もいれば、本業と同じくらい、ガッツリ在宅ワークで稼いでる人もいます。

在宅でパソコン1つでできる副業もたくさんありますので、早めに副業をスタートして経験を積んでおいた方がこれからの時代絶対に良いといえます。


時間に縛られない在宅バイト「コールシェア」



フルリモート求人特化型転職支援サイト【ReWorks(リワークス)】


オンラインアシスタント「フジ子さん」のスタッフ大募集!!  バックオフィス(PCを使った事務経験や、経理・Web・人事・総務・秘書業務など)の経験がある方ならどなたでも応募可能!!テレワークを通じて、あなたも私達と一緒に「フジ子さん」として仕事してみませんか!?短時間からでもお仕事ができ、スキマ時間に報酬がもらえます。

対処法9:辞めるにしても辞めないにしても一度仕事の適性診断をしておく

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法の9つ目は「辞めるにしても辞めないにしても一度仕事の適性診断をしておく」です。

「今の仕事は何か自分に向いていないような気がします…。

やっていても面白くないので、いっそのこと今の会社を辞めて転職したいんですけど、次にどんな仕事を選べば良いのか分かりません…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は一度仕事の適性診断をしておくのが良いかもしれません。

仕事には向き不向きがあります。自分の人生の中の仕事の時間を充実させるためにも、自分の仕事に対しての適性を把握して、自分の強みや性格を客観的に捉えておくと言う事は大切といえます。

今ではネットで無料で簡単に適性診断ができるので、一度はやっておいた方が良いといえます。オススメはミイダス です。

こちらから無料会員登録をして、いくつかの質問に答えて、かんたんに適正診断がでできます。

市場価値診断なら、ミイダス!

\約5分でかんたん無料登録!/

今まで1度も適性診断をやったことがないという人は早めにやっておくようにしましょう。

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの9つの対処法【詳しく解説】

対処法10:働きながら転職活動をしておく

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法10は「働きながら転職活動をしておく」です。

「仕事を辞めたいんだけど、なかなか上司に辞めたいって言えません…。

辞めた後のことも、とても不安です…。」

という人もいるかもしれません。

そのような人は働きながら転職活動をして、次の転職先を決めてしまうのが良いといえます。

仕事を辞めることができたとしても、次の仕事が決まっていないと、収入が無くなってしまいますし、それでは生活ができなくなってしまいますよね。

働きながら転職活動をして次の仕事を決めることで、今の仕事を退職後も生活はキープできますし、次の仕事が決まっていれば気持ち的にも上司に「仕事を辞める!」と言い出しやすいといえます。

転職の際のオススメの方法は、大手転職サイトに無料会員登録して、専任の転職エージェントにサポートしてもらいながら有料求人を紹介してもらうという方法です。

1人で探すより断然良い転職ができると思います。

\年間52.000人が登録!利用無料!転職ならマイナビ!/

我慢することが必ずしも一番良い選択とは限りません。

場合によっては「我慢よりも早い決断」が必要になる時もあります。

対処法11:もう限界!「即日退職」したい場合は退職代行サービスを利用して退職する

「会社を辞めたい…」と言えないときの対処法11は「もう限界!「即日退職」したい場合は退職代行サービスを利用して退職する」です。

「もう、こんな会社限界!これ以上働けないし、すぐにでも辞めたい!

けど、上司が怖くて退職を言い出しづらいな、、、」

このように思っている会社員の方も多いかもしれません。

このような「会社を辞めます」と言いづらいブラック企業、パワハラ上司なら、退職代行サービスの利用もオススメといえます。

退職代行サービス利用の【人生における2つのメリット】についてさらに詳しく解説

  • 退職を伝えたが、受け入れてもらえない
  • 退職届を提出したが受け取りを拒否されてしまった
  • 後任の人が決まるまでは止めれないと言われている
  • 退職したら違約金を請求すると言われている
  • 離職票は出さないと言われている

様々な理由で、会社を辞めれないように引き止められて困っているという場合は、退職代行サービスを利用すれば、即日退職することも可能です。

会社を辞めさせてくれないブラック企業の3つの特徴

会社を辞めさせてくれないブラック企業の3つの特徴

会社を辞めさせてくれないブラック企業の3つの特徴として、厚生労働省は次のように挙げています。

ブラック企業の3つの特徴
  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払い残業やパワハラが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

※厚生労働省:パワーハラスメントの定義について

この3つの特徴に当てはまる場合はブラックと言えるでしょう。

要注意です!

  • 会社を辞めたいけど辞められなくて困っている
  • パワハラ上司に退職を言い出しづらい
  • 退職手続きをする気力がない位消耗している
  • 今すぐにでも退職したい!

という場合は、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

会社で働くこと、辞める事は労働者の権利であり自由です。

当然ですが、退職に会社の許可は要りません。

今の時代、ブラック企業、パワハラ上司にしがみついて働き続ける必要はありません。

あなたのことをこき使う会社で一生を終える必要はありません。

あなたのことを本当に大切にしてくれる会社で生き生きと働くべきです。

【退職代行サービスの法律・就業規則・違法性】退職時の法律と働く人の職業選択の自由について、くわしく解説

会社を辞めたくても辞めれない時のおすすめの退職代行サービス

会社を辞めたくても辞めれない時のおすすめの退職代行サービス

会社を辞めたくても辞めれない時のおすすめの退職代行サービスは以下です。

会社を辞めたくても辞めれない時のおすすめ退職代行は「労働組合法人退職代行カーディアン」

残業代・給与未払いなどの金銭請求も併せてお願いしたい方も含めて、「労働組合法人退職代行カーディアン」をおすすめします。 東京都労働委員会に認証されている法的合の合同労働組合なので、安心・確実です。 残業代・給与未払い等の代理交渉が可能です。

  • 料金一律29.800円・追加料金なし
  • 会社や上司への連絡不要
  • 即日退職可能
  • 退職成功率100%
  • 退職保証
  • 交渉可能

残業代・給与未払いなどの金銭請求を併せてお願いしたい方は、「労働組合法人退職代行カーディアン」がおすすめです!

退職代行ガーディアンの特徴・価格・利用者の声【詳しく解説】