大人気【退職代行サービス】の始め方・詳しく解説

退職代行サービスはなぜ20~30代に大人気なのか?【3つの大きな理由を解説】

【退職代行サービスはなぜ20代~30代に大人気なのか?】

退職代行サービスに興味がある人
退職代行サービスに興味がある人
最近よく聞く「退職代行サービス」ってどんな人が利用しているんですか?
また、退職代行サービスは20代~30代に大人気と聞いたんですけど、それはなぜですか?
年輩会社員と20代~30代の会社員の価値観って何が違うんですか?おしえてほしいです。


退職代行サービス博士
退職代行サービス博士

わかりました!それでは
「退職代行サービスの利用者の特徴について」
「退職代行サービスは20代~30代に大人気な理由について」
「年輩会社員と20代~30代の会社員の価値観の違いについて」

順番に解説していきましょう!

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

「退職代行サービスはなぜ20~30代に大人気なのか?【3つの大きな理由を解説】の記事は、次の3つの人のために書きました。

  • 退職代行サービスはどんな人が利用しているのか知りたい人
  • 退職代行サービスが20代~30代に大人気な理由を知りたい人
  • 年輩会社員と20代~30代の会社員の価値観の違いを知りたい人

そして、この記事を読むことで、以下のメリットがあります。

  • 退職代行サービスはどんな人が利用するのかがわかり、イメージがわ
  • 退職代行サービスが20代~30代に人気の理由が分かる
  • 年輩会社員と20代~30代の会社員の価値観の違いが分かる

では早速いきましょう!

 

どんな人が退職代行サービスを利用しているのか、
教えてください!

 

Contents
  1. 退職代行サービスはどんな人が利用しているの?
  2. 退職代行サービスが20~30代に大人気な3つの大きな理由
  3. 20~30代会社員と年輩会社員との価値観の大きな違い
  4. まとめ

退職代行サービスはどんな人が利用しているの?

退職代行サービスはどんな人が利用しているの?

退職代行サービス利用者の「年齢」について

退職代行サービスを利用する年齢は、20代から30代が多いようです。

年配の方は「退職代行サービス」の存在を知らない方も多いと思いますし、

「退職手続きを人に任せるべきではない。自分でやるべきだ」

と考えている人も多いと思います。

20代から30代の方のほうが退職代行サービスについて合理的に考えています。

  • 「退職手続きは面倒だから、その手続きを代行してくれるなら任せた方が楽」
  • 「多少費用はかかるが、会社を辞めたくても辞めれないという状況から抜け出せるなら、退職代行サービスを利用して即日辞めたい」

という合理的な考え方が20代から30代の若者の特徴といえます。

 

退職代行サービスの利用者は20代~30代に多いのが特徴ですね!

 

退職代行サービス利用者の「地域」について

退職代行サービスは東京や大阪名古屋などの大都市でしか利用できないと思われる方もいるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

退職代行サービスは、大都市だけでなく地方などでも利用できます。

退職代行サービスは「実際に会って手続きをする」ということが必要ないので、スマホひとつあれば依頼することが可能です。
もちろん大都市では会社が多いですし、人口も多いので利用する割合は多いと言えますが、決して大都市間だけの利用というわけではなく、日本全国で利用されています。

退職代行サービスは九州や北海道のような地方でも利用できるところが良いですよね!

 

退職代行サービス利用者の「業種」について

退職代行サービスを利用する人は、どのような業種が多いのでしょうか?

業種としては、運送業などの低賃金・重労働な職業が多いようです。

また女性では、生保レディなど、ノルマがある業種の方が多いようです。

これだけに限らず、介護業界、飲食店、 IT 業界他ほぼ全ての業種で利用されていると言えます。

退職代行サービスは特定の業種というわけではなく、
いろいろな業種の方が利用してるんですね!

 

退職代行サービス利用者の「雇用形態」について

退職代行サービスを利用する方の雇用形態は、正社員だけではありません。

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員など利用する形は様々です。

退職代行サービス利用者の「勤続年数」について

退職代行サービス利用者の勤続年数については、長く働いている方ばかりでなく、就職して数か月もしくは働き始めて数日しか経っていないのにサービスを利用する方もいるようです。

  • 「自分で会社に退職を言うのが恥ずかしい」
  • 「早すぎるので申し訳ない」

という思いから、自分で言えずに退職代行サービスを利用されるようです。

退職代行サービスが20~30代に大人気な3つの大きな理由

退職代行サービスが20代~30代に大人気な理由

理由1:嫌な上司と話をせずに辞めれるから

嫌な上司と話をせずに仕事を辞められるというのは退職代行サービスを利用する大きな理由のうちの一つです。

世の中、良心的な思いやりのある、良い上司ばかりではありません。

部下のことをこき使ったり、暴言を吐いたりするブラック上司も多く存在します。

そして、

「そんな上司とこれ以上話をしたくない!」

という強い思いがあるのは当然ですね。

辞めたいのに辞めさせてもらえない辛さ

ブラック上司に退職の意思を伝えたところで、すんなりとや辞めさせてはくれません。

自分のこの

「会社を辞めたい」

という気持ちが無視されて、働き続けなければならいということはとってもつらいことです。

上司の引き止めがめんどくさい!

もう自分の中では退職の気持ちは固まっていて、引き止められたところで、退職の意思は変わらないのに、パワハラ上司は粘り強く引き止めをしてきます。

時には、その会社員と仲の良い同僚を使って、

「○○さんがあなたが辞めちゃうと困っちゃうから、みんなのためにも頑張ろうよ。お願い!」

と、あたかもまっとうな理由をつけて説得してきます。

「人質引き止め術」とでも言えばよいのでしょうか、、、。

「人質引き止め術」ですか。
ひどいやり方を使ってきますね!

 

ブラックな上司とは話をしても無駄!

そんなブラックな上司とは、いくら話をしても無駄です!

そもそも、

会社員のことは「ただの使い捨てのコマ」

としか思っていないですし、消耗して倒れるまでハードにこき使われて、働かされるだけです。

退職代行サービスを利用すれば、そんな嫌な上司とは関わらずに辞めることができるので、とても便利といえます。

退職代行サービスが直接会社へ連絡をしてくれて、面倒なやり取りをしてくれるので、退職代行サービスの利用者は自宅でスマホで連絡をするだけなので、楽だし、大変助かるんですね!

 

理由2:自宅にいながらスマホ一つで即退職できるから

3拍子が揃ったこのサービスは最強!

「自宅にいながら」
「スマホ1つで」
「即退職」

できる!

こんな3拍子揃った便利で楽なサービスは最強です!

なので、「面倒くさい退職手続き」や「パワハラ上司との引き止め交渉」などのやり取りを嫌がる方は、退職代行サービスを利用されています。

多少費用が掛かったとしても、それは人生の必要経費!

退職代行サービスの利用には安くはない費用が掛かります。

しかし、「残業過多」「パワハラ上司」のせいで今まで辞めさせてもらえずに苦しんで働いていた方からすれば、それは

  • 人生の必要経費

と考えられます。

たった3万円で人生が変わるなら、それくらいの負担はしょうがないと考えるのです。

理由3:「お値段以上」の価値があるサービスだから

退職代行サービスはけっして「安い」サービスではない

退職代行サービスの費用は約3万円~5万円の価格帯が多いです(会社との交渉を依頼する場合は弁護士等に依頼するので、プラスして費用がかかるところが多いです。)。

この価格は、「安い!」という価格ではありませんが、「負担できない金額ではない」という金額です。

費用対効果を考えると、メリットがデメリットを大幅に上回る

退職代行サービスはけっして安いサービスではありません。

でも、退職代行サービスを依頼することによって、「即退職」できて、すぐに新しい環境で生活できるメリットということを考えれば、十分お値段以上の価値のあるサービスなので、「コスパの良いサービス」と考える方も多いようです。

 

たった3万円でブラックな会社とパワハラ上司から救ってくれるなら安いものですよ!
ありがたいです!

 

20~30代会社員と年輩会社員との価値観の大きな違い

20代~30代会社員と年輩会社員の価値観の違い

20~30代会社員と年輩会社員では、価値観が大きく違います。

では、どのように価値観が違っているのでしょうか?

順番に解説していきます!

年輩会社員の6つの価値観

価値観1:終身雇用・一生1つの会社で生きるべき

仕事というのは、「一生一つの会社で働く」のが当たりまえ!

会社を辞めることは特別なこと。

会社のためならサービス残業だっていとわないし、それが常識だろ!

価値観2:上司には絶対服従・上司こそ正しい

上司の言うことには「絶対服従」!

上司の言うことこそ正しいし、上司に逆らうなんてもってのほかだ!

価値観3:年功序列・年配者ほど偉い

年上の人ほど偉い!

若い人は苦労して当たり前だ。

「苦労は買ってでもしろ」って言うじゃないか!

価値観4:我慢することで鍛えられる・石の上にも三年だ!

どんなに不条理な事でも、我慢すればなんとかなる。

人間そうやって鍛えられる。

そこで弱音を吐いてしまうのは、精神的に弱いからだ!

もっと精神的に強くなれ!

価値観5:ひたすらがむしゃらに努力すべき

努力こそが全ての源

「石の上にも三年」の気持ちで、どんなにつらくても、辛抱してがんばれ!

そうすることで道が開ける!

今は我慢だ!

歯を食いしばれ!

 

価値観6:退職手続きは自分でやるのが普通・人に任せるのはNG!

退職手続きを人にやってもらうなんてありえない!

責任をもって自分で最後までやるのが普通だろ。

退職代行サービス?そんなサービス知らないよ!

以上が年輩会社員の価値観です。

次に、20代~30代会社員の価値観についてみていきましょう!

20~30代の会社員の5つの価値観

価値観1:仕事がすべてじゃない!サービス残業はありえない!

仕事は人生のうちの一部でしかない!

仕事だけがすべてじゃないし、残業なんてしたくない!

やることやって、

さっさと帰って、

仕事後の時間を楽しみたい!

価値観2:上司なんか必要ない・偉そうにしてるパワハラ上司はいらない!

パワハラ上司とか、ほんといらない!

会社の人間関係とか、なんか面倒くさいし。

上司って、あれこれ口出して偉そうな割には、対して働かないし、そんな上司なんかいないほうがいい!

価値観3:我慢は無駄!自分に合わないことはさっさとやめる!

我慢は良くない!

無理することも良くない!

会社に全てを尽くして生きるなんてありえない!

自分に合わない会社はさっさと辞めよう!

価値観4:根性論よりも正しい情報・正しい選択!

無駄になるようながむしゃらな「努力」なんて必要ない!

そんな根性よりも、

正しい情報を知って、

正しい選択をする事の方が大切だ!

価値観5:転職は当たり前のこと!場合によっては退職手続きもサービスを使う

退職手続きはいろいろと大変そうだし、上司の引き止めにあったりして辞めれないとか面倒くさい。

そんなことで悩んだり自分の人生の時間を消費するくらいなら、もっと有意義なことで時間を使いたい!

サービスがあるなら利用するべき!

それが今の時代の感覚だ!

20代~30代会社員と年輩会社員では、
価値観がこんなに違うんですよね!

価値観のギャップは相手の否定につながる

価値観のギャップは直接相手の否定へとつながります。

自分に余裕がある場合には大丈夫ですが、切羽詰まっていて余裕が無い場合には、余計に価値観の違う相手を否定したくなります!

こんなに価値観が違って、わかりあえるのか?

20~30代会社員と年輩会社員では、これだけ価値観が違うので、お互いが分かりあうということは難しいのではないでしょうか?

そのためには両者の歩み寄りが必要ですし、片方でも歩み寄らない場合は両者の共存が成り立つことはありません。

世の中、良い会社・良い上司ばかりではない

世の中にはたくさんの会社があります。

そして、その会社の数だけ上司が存在します。

しかし、残念なことですが、すべての会社・上司が良い会社・良い上司というわけではありません。

ブラックな会社・パワハラ上司というのも多く存在しますので、その点注意していかなければなりません。

ブラック会社・パワハラ上司のもとで耐えていくという鍛え方もあるかもしれませんが、「自分の身体が疲弊して、精神が病む前には退職した方が良い」と言えます。

 

今の時代、「自分の身は自分で守る」ということが大事なんですね!
「辞めたくても辞めさせてくれない」という状況を助けてくれるのが、「退職代行サービス」なんですね!

 

まとめ

ここまで、

「退職代行サービスの利用者の特徴について」
「退職代行サービスは20代~30代に大人気な理由について」
「年輩会社員と20代~30代の会社員の価値観の違いについて」

解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

要点のおさらい

  • 退職代行サービスは、日本全国で利用でき、職種・雇用形態・勤続年数も様々な人が利用されている。
  • 「嫌な会社をラクに、苦労せずに、面倒なことをせずに辞めたい!」という若者のニーズに、退職代行サービスの利便性がベストマッチして、大人気なサービスになった。
  • 年輩会社員と20代~30代会社員の価値観は大幅に違っている。
  • 年輩会社員は「会社命!」「会社に絶対服従!「苦労するべき!」と考えている。
  • 20代~30代会社員は「転職は当たり前」「会社は人生の一部分でしかないから、嫌なら辞める」「無駄な努力や根性論よりも、正しい情報と正しい選択のほうが人生では重要」
    と考えている。

 

両者の価値観は大きく異なるので、理解しあうことはなかなか難しいということなのです。

ブラック会社・ブラック上司で悩む会社員を救う救世主は「退職代行サービス」

退職代行サービスは、様々な人が利用するサービスということが分かりました。世の中で、ブラック会社・パワハラ上司にはまってしまい、

「退職の話をパワハラ上司にする勇気がない、、、。怖くて言い出せない、、、。」とか、
「会社を辞めようと思って上司に伝えたが、引き止めにあって辞めさせてもらえない」

と悩んでいる会社員は多いのではないかと思います。
悩んでいるくらいならまだしも、身体的にキツくなり、精神的にもいっぱいいっぱいになって病んで体調を崩して「うつ病」になってしまったり、「過度のストレスから他の精神疾患を発症してしまったりという危険性も大いにあるので、注意が必要です!

「上司が怖くて、自分で退職が言えない方」「すでに病んでしまっていて、直接上司と話し合いができない方」は、すぐに退職代行サービスを利用して、ブラック会社・ブラック上司から解放されてすがすがしい毎日を送ることをおすすめします!

余談です。この言葉知ってますか?

新型うつ病

僕は、
20代の時に上司からいじめられて、
この「新型うつ病」になりました。

新型うつ病は、
「会社に行こうとすると抑うつ症状が出るけど、
一歩会社から離れると、全く普通の状態になる」
というのが特徴のようで、
最近増えているようです。

僕は、
ブラック会社を退職して、
新しい環境で働くことで、
この状態から抜け出せました。

「会社を辞めずに休職すれば大丈夫」
と考えている方もいるかもしれませんが、
休職だと復帰したときに上司からのストレスで、
再度うつ症状を発症してしまう可能性が高いので、
僕は「休職」はおすすめしません。

思い詰めている時は、
視野が狭くなっているので、
気づかないかもしれませんが、
世の中に会社というのは星の数ほどあり、
職種も数えきれないほどあります。

今の会社でこき使われて終わりではなく、
あなたのことを必要としてくれて、
あなたのことを活かしてくれる、
良い会社が必ずあると思います!

思い詰めないで、
思い切って退職して、
自分を楽にしてあげることも、
時には大切だと、僕は思います。