大人気【退職代行サービス】の始め方・詳しく解説

退職代行を利用する介護士「その3つの理由」について【くわしく解説】

退職代行介護士が利用する3つの理由

退職代行に興味のある人
退職代行に興味のある人

退職代行を利用する介護士って、どんな理由で退職代行を利用するんですか?

また、介護士が退職代行を利用するメリットって何ですか?

あと、退職代行を利用した方がよい介護士ってどんな介護士ですか?

分からないから教えてほしいです、、、」

退職代行に興味のある人:

退職代行博士
退職代行博士

「分かりました!では、

  • 退職代行を利用する介護士の理由について、
  • 介護士が退職代行を利用するメリットについて、
  • 退職代行を利用した方がよい介護士について、

順番に解説していきますね!

この記事を読むメリット

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

この記事は以下の人のために書きました。

  • 退職代行を利用する介護士の理由について知りたい人
  • 介護士が退職代行を利用するメリットについて知りたい人
  • 退職代行を利用した方がよい人について知りたい人

また、この記事を読むことで以下のメリットがあります。

  • 退職代行を利用する介護士の3つの理由が分かります
  • 介護士が退職代行を利用するメリット・デメリット・注意点が分かります
  • 退職代行を利用した方がよい介護士・退職代行を利用する必要のない介護士が分かります

では早速いきましょう!

 

 近年、退職代行を利用する人は20代30代の世代を中心に増加傾向にあり、退職代行の利用者数は「推定3万人」とも言われています。

Contents
  1. 退職代行を利用する介護士の「その3つの理由」について
  2. 介護士が退職代行を利用するメリット
  3. 介護士が退職代行を利用するデメリット
  4. 介護士が退職代行を利用する際の注意点
  5. 最後に介護士におすすめ「退職代行」と「介護転職サイト」

退職代行を利用する介護士の「その3つの理由」について

退職代行介護士が利用する3つの理由2

退職代行を利用する介護士の「その3つの理由」は下記です。

介護士が退職代行を利用する3つの理由
  • 理由1:会社に辞めることを言いづらくて困っているから
  • 理由2:会社に退職の意思を伝えたけど、引き止めにあって辞めさせてもらえなくて困っているから
  • 理由3:精神的に病んでしまい、会社に行けなくて退職手続きもできない状態で困っているから

順番に解説していきます。

理由1:会社に辞めることを言いづらくて困っているから

  • 上司が怖くて、退職が言いづらい
  • 他に退職者が何人か出ていて忙しい状態なので、とても「自分も辞めます」とは言えない

等の理由で、会社に退職を言いづらくて困っているという理由です。

理由2:会社に退職の意思を伝えたけど、引き止めにあって辞めさせてもらえなくて困っているから

自分は「もう会社を辞めたい」と思い、

会社に退職の意思を伝えたが、

「この状況で辞められては困る!今やめるなら損害賠償を請求するぞ!」

脅されたり、強引な引き留めをされて困っているという理由です。

理由3:精神的に病んでしまい、会社に行けなくて退職手続きもできない状態で困っているから

  • 身体介護の重労働による身体的なストレス
  • 夜勤の介護・過度の残業等によるストレス
  • 介護施設の介護士間の人間関係・利用者との関係による人間関係のストレス
  • パワハラ上司からの仕事の嫌がらせ・プレッシャーによるストレス

などによって、会社に行けなくなり、退職の手続きすらできなない状態となってしまい困っているという理由です。

介護士が退職代行を利用するメリット

退職代行介護士が利用するメリット

介護士が退職代行を利用するメリットは下記です。

 

  • 自宅にいながら、スマホ一つで、Lineで「即、退職」でき、ストレスから即、解放される
  • 会社の引き止めに関係なくブラック介護施設を退職できる
  • 退職の面倒な手続きをすべて退職代行へ任せることができる

自宅にいながら、スマホ一つで、Lineで「即、退職」でき、ストレスから即、解放される

退職代行を利用すれば、退職手続きのことで嫌な会社に行く必要はありません。

自分は「自宅で休んでいるだけ」で、「スマホ一つ」で、「LINE」で退職代行業者とやり取りして、嫌な会社を「即辞める」ことができます。

会社の引き止めに関係なくブラック介護施設を退職できる

会社の引き止めに関係なくブラック介護施設を退職できます。

そして、ホワイト介護施設へ転職できるようになります。

また、ブラック介護施設の場合、

「人手不足だから、後任の人が決まるまでは辞めさせないよ!」

という常套句を使って引き止めを行い、退職させないようにしてきます。退職代行を利用することで、このような事態から抜け出すことができます。

本来、「この会社で働く、会社を辞める」という部分は、労働者の権利であり自由ですので、労働者をまるで奴隷かのように働くことを強制させる会社側の方がおかしいと言えます。

 

退職の面倒な手続きをすべて退職代行へ任せることができる

退職代行は、退職の意思を伝えることにプラスして、「労働組合法人」と「弁護士」の退職代行の場合は、有給休暇の交渉、退職金の請求・未払い給与の請求など、本人に代わって会社側との面倒な交渉も代理で行ってくれます。これは大変助かります。

「有給休暇は取らせない!」「退職金は出さない!」「辞めさせない!」と襲い掛かってくるブラック介護施設に対して、自分に代わって、そんなブラック会社と交渉・請求してくれるのは助かりますね!

介護士が退職代行を利用するデメリット

退職代行介護士が利用するデメリット

介護士が退職代行を利用するこで、デメリットもあります。

デメリット
  • 費用が掛かる
  • 会社側に良く思われない場合がある

費用が掛かる

退職代行の利用には安くない費用が掛かりますし、費用は退職代行業者によってそれぞれ違うので、その点確認しておく必要があります。

会社側に良く思われない場合がある

退職代行を利用することで、「退職代行へお金を払ってまでしても退職したかったんだ」と、介護士の退職の強い意志が会社側に伝わることもありますが、逆に場合によっては、「退職手続きくらい自分でできないのか!失礼な奴だ!」と、悪い印象を与えてしまうことも考えられます。

介護士が退職代行を利用する際の注意点

退職代行介護士が利用する際の注意点

介護士が退職代行を利用する時に、いくつか注意点があります。

介護士が退職代行を利用する時の3つの注意点
  1. 費用面をチェックする
  2. 退職代行選びに注意する
  3. 退職代行を利用する必要があるのかどうかチェックする

注意点1:費用面をチェックする

退職代行を利用する時には、当然ですが費用が掛かります。3万円前後のところが多いですが、弁護士の退職代行の場合は10万円を超える場合もあります。

また、費用が安ければよいというわけでもありませんので、しっかりと費用負担についても考える必要があります。

注意点2:退職代行選びに注意する

現在では数十社の退職代行業者が存在しています。「一般企業の退職代行」「労働組合の退職代行」「弁護士の退職代行」と種類もいくつかありますので、特徴をしっかりと理解して、自分に合った退職代行を選ぶようにしましょう。

注意点3:退職代行を利用する必要があるのかどうかチェックする

自分が本当に退職代行を使う必要があるのか、チェックすることが必要です。

退職代行を利用する必要がない人

下記の人は退職代行を利用する必要はありません

退職代行を利用する必要がない介護士
  • 自分で会社と退職手続きができる介護士
  • 円満退社ができる状態で、退職手続きのことで問題を抱えてない介護士

このような介護士は退職代行サービスを利用する必要はないでしょう。

自分で退職手続きができるのなら退職代行は必要ないです

自分で退職の手続きができる場合は退職代行を利用する必要はありません。

退職代行には費用も掛かりますし、会社側に悪い印象を与えてしまう場合もありますので、本当に退職代行が必要な人だけ利用するようにしましょう。

退職代行を利用した方が良い人

下記の介護士は退職代行を利用した方がよいです。

退職代行を利用した方が良い介護士
  • ブラック介護施設・パワハラ上司に会社を辞めることを言いづらくて困っている介護士
  • 会社をすぐに退職したくて、会社に意思を伝えたけど、引き止めにあってなかなか辞めさせてもらえなくて困っている介護士
  • 精神的に病んでしまい、会社に行けなくて退職手続きもできない状態で困っている介護士

最後に介護士におすすめ「退職代行」と「介護転職サイト」

介護士におすすめの退職代行と介護転職サイト

ここまで、退職代行を利用する介護士の「その3つの理由」についてくわしく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後に介護士におすすめの「退職代行」・「介護転職サイト」について解説します。

同時に介護転職サイトにも無料登録しておいた方が良い話

退職代行へ申込するのと同時もしくはそれより前に、いくつか「介護転職サイト」へも無料登録しておくことをおすすめします。

介護の求人を探すなら、求人誌よりも「介護転職サイトの無料登録」がお得!

介護の求人を探すのでしたら、求人誌で探すよりも、いくつか「介護転職サイト」へ無料登録して探した方が、無料資格取得サポートがついていたり、転職祝い金がもらえたり、いろいろな支援が受けれるので、絶対にそのようがメリットがあるといえます。

すき間なく転職できる!

早めに介護転職サイトに無料登録しておくことで、ブラック介護施設を退職後、無職にならずにすき間なく新しい介護施設で働くことが可能になります!

いずれも当ブログおすすめ介護転職サイトの登録は無料ですので、いくつか介護転職サイトに登録して、退職→転職がスムーズにいくよう、準備しておくことをおすすめします。

嫌な職場を即辞めて、心機一転新しい施設で働けるんですね!

 

おすすめ退職代行サービスNO.1「退職代行ガーディアン」

おすすめ退職代行サービスNO.1は、「労働組合法人 退職代行ガーディアン」です。

ブラック企業・パワハラ上司へ退職の連絡+未払い給与・残業代の代理請求等を依頼したい人・辞めたくても辞めさせてもらえなくて困っている人、簡単・低費用・確実な退職がしたい人向け退職代行サービスです。

最短1時間程度・即日退職可能!「もう会社に行きたくない」のストレスから一瞬で開放されます! 困っている人は今すぐに無料相談して退職時の交渉のストレスから解放されましょう!

 

おすすめ介護転職サイト「かいご畑」と「介護JJ」

介護資格が0円で取得できる【無資格・未経験者向け】「かいご畑」

おすすめNO.1は「かいご畑」です! 介護資格が0円で取得できる! 資格なし・未経験OKの求人が多い! 専任コーディネーターのサポート! と充実した転職サイトです! 資格や経験なしで安心してスタートしたい方は今すぐ無料登録してみましょう!

最大20万円の介護職応援プロジェクト実施中「介護JJ」

介護JJは転職の王道です! 完全無料、年間3.2万人が利用! 今なら最大20万円の介護職応援プロジェクト実施中です! 丁寧な転職サポートが受けられます! 転職に安全性を求めたい人はぜひ登録してみましょう!

ブラック介護施設を即退職して、スムーズにホワイト介護施設へ転職できるとなると、退職代行の費用も「未来への必要な投資」と考えることができるんですね!