会社 辞めたい

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの9つの対処法【詳しく解説】

仕事を辞める勇気が出ないときの9つの対処法
仕事を辞める勇気が出ない人
仕事を辞める勇気が出ない人

仕事、会社を辞める勇気が出ません。

自分には今の仕事が向いてないと思い、3ヶ月前には辞める決心をしました。

けれどなかなか会社を辞めることを言い出せません。

どうしたら良いのか教えて欲しいです。

仕事博士
仕事博士

分かりました!

仕事・会社を辞める勇気が出ないときの対処法についてですね!

順番に解説していきましょう!

どうもこんにちは、ふくしかくブログ(@hukushikakublog)です。

この記事は以下の人のために書きました。

  • 仕事・会社を辞めたいが、辞める勇気が出ない人
  • 仕事・会社を辞める勇気が出ないときの対処法を知りたい人

この記事を読むことで以下のメリットがあります。

  • 「仕事、会社を辞める勇気が出ない」ときの対処法がわかり、会社を辞めれないという硬直状態から抜け出すことができる
  • 仕事、会社を辞めるタイミングが分かり、今の自分がどういう状態なのかが分かる

では早速いきましょう!

 

信頼性

私は、国家資格 精神保健福祉士の資格を持っています。

職場のメンタルヘルスの分野で、ストレスでうつ病などの精神障害を患い、その方が再就職したり自立して社会で生活するための相談にのる専門家です。

今まで、精神障害をもった方の仕事の悩みなどの相談を受けてきた経験があります。

「今の仕事は自分に合わない、、、

転職しても上手くいくかどうかも分からないし、、、

不確定な未来がなんだか不安、、、

もしかしたら、転職後は今より環境や条件が悪くなってしまうかも、、、。」

等、色々と悩みすぎて辛い人もいるのではないでしょうか?

また、

「仕事を辞めたいけど、お金のことを考え出すと仕事が辞められない」

「転職の不安から視野が狭くなり、不安でいっぱいでどうしたら良いのか分からなくなってしまっている、、、」

なんて方も多くいるのではないでしょうか?

それでは、

「仕事を辞める勇気が出ないとき」は、どのように対処すればよいのでしょうか?

くわしく解説していきましょう。

Contents
  1. 「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの9つの対処法
  2. 仕事、会社を辞めるタイミングはいつがいいの?
  3. 仕事・会社を辞める勇気が出ないときにやってはいけないこと

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの9つの対処法

仕事会社を辞める勇気が出ない時の9つの対処法

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法は以下です。

「仕事を辞める勇気が出ない」ときの9つの対処法
  1. まだ今は「辞め時」ではないので継続して働く
  2. あなたが辞めたいと思う理由や原因を、上司や先輩に相談してみる
  3. まずは会社を辞めることについての自分の考えをしっかりとまとめる
  4. 自分の仕事の適性を把握する
  5. 退職についての正しい知識を持つ
  6. 会社を休んで身体を休める
  7. 心療内科を受診する
  8. 次の仕事に転職するための準備をはじめる
  9. 自分で退職を言う勇気がないときは退職代行サービスを利用する

対処法1:まだ「辞め時」ではないので継続して働く

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の1つ目は、「まだ『辞め時』ではないので継続して働く」ということです。

「仕事を辞める勇気が出ない」ということは、単純にまだ仕事・会社を辞めるレベルに足していないだけ

なのかもしれません。

なので、今は「辞め時」ではないと判断して、もう少し今の仕事で頑張ってみるというのもよいでしょう。

「もうほんとに限界!これ以上は無理!」

というギリギリのレベルにまで到達したら、会社を辞めればよいという考え方です。

\ おすすめ記事 /
「会社・仕事が限界!ストレスでもう無理!」SOSの11のサインと対処法について【詳しく解説】

対処法2:あなたが辞めたいと思う理由や原因を、上司や先輩に相談してみる

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の2つ目は、「あなたが辞めたいと思う理由や原因を、上司や先輩に相談してみる」です。

仕事のことは、上司・先輩に相談することで解決することは多くあります。

特に、

  • 仕事の中でも経験が重視される内容
  • 技術的な部分での悩み

などは、自分より先の道を行っている上司や先輩に相談することで、解決する問題も多いと言えます。

\ おすすめ記事 /
パワハラ上司に退職を言えない雰囲気「会社を辞めたいのに辞めれない」時の対処法

ただし、パワハラ上司の場合は相談することは難しいと思いますので、その場合は「上司のそのまた上司」又は人事部や経営陣に相談するのが良いでしょう。

対処法3:まずは仕事を辞めることについての自分の考えをしっかりとまとめる

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の3つ目は、「まずは仕事を辞めることについての自分の考えをしっかりとまとめる」ということです。

「なんとなく会社を辞めたいと思っているんですけど、会社を辞める勇気がまだないなぁ…。」なんて思っている人もいるのかもしれません。そのような人は、会社を辞める勇気が出ないのは、まだあなた自身の中で会社を辞めるという気持ちがまだ固まっていないからなのかもしれません。「何となく嫌」ではなく、「自分が〇〇な理由があるから会社を辞めないといけない!」としっかりとした会社を辞めることについての自分の考えを持つことが大切といえます。自分の中で会社を辞めるという考えが固まっていると、その気持ちが、「会社を辞めないといけない!」という強い気持ちになり、会社を辞める勇気も湧いてくるというわけです。上司からパワハラをされていて限界、同僚からいじめをされていてもういや、他にチャレンジしたい仕事がある、次の転職先が決まっている、資格の勉強に集中したい、3年頑張ったから別の職種にチャレンジしてみたい、そういうような考え方があると、やめる決断をしやすいのかもしれません。

 

対処法4:自分の仕事の適性を把握する

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の4つ目は「自分の仕事の適正を把握する」です。

「自分は今の仕事が楽しくないですし、今の仕事に向いていないと思います…。だけど辞める勇気がなかなか出ない…。」という人もいるかもしれません。今の仕事が楽しくないという人は、自分がどんな仕事に合っているのか、何の作業が向いているのかなど、自分の適性がわかっていない場合が多いと思います。仕事には、人によって向き不向きがあります。そして、これから楽しく働いていくためにも、仕事に対しての自分の適性を知るということは、とても大切といえます。今では、無料でできる適性診断で、質問に答えるだけで、数分で自分の適性がわかるというものもあえいますので、活用しない手はありません。みなさん、一度は適性診断をやっておいて損はないといえます。自分のことはわかっているようで、意外とわかっていないもの。適性診断を自分から進んで取り組んで、自分自身を正しく分析していくと言う事は、会社を辞めるにしても続けていく働くにしても大切なことだといえます。

対処法5:退職についての正しい知識を持つ

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の5つ目は「退職についての正しい知識を持つ」です。

「会社を辞めたいです…。でも、上司から、

「辞めるなら、半年前にまでに退職の申し出をしなさい!」

「しっかりと次の人に引き継ぎをしないと辞めさせないよ!」

「今は人手不足だから、辞めることはできないよ!」

というようにいろいろと言われてしまい、困ってます…。仕事を辞める勇気が出ません…。」

という人もいるかもしれません。

辞める勇気が出ないのは、もしかしたら、あなたが辞めることについての正しい知識を持っていないからかもしれません。

あなたは必ずしも会社の言いなりになる必要はありませんし、会社の奴隷になる必要もありません。

会社と労働者というのは、「対等な関係」ですし、労働者には、好きな仕事を選んで働く権利と、会社を辞める権利があるわけです。

また、上司は「半年前に退職を申し出なさい」と言っていたとしても、法律的には2週間前までに退職の申し出をすれば問題はありません。

そして、これは例えば「就業規則で3ヶ月前までに必ず退職を申し出る」となっていたとしても、やはり、就業規則よりも法律の方が優先されます。

また、人手不足については、人手不足はその辞める労働者の責任ではなく、会社側の人員管理の責任です。

会社を辞めるあなたがどうこう悩むことではありません。

退職についての正しい知識をしっかりと持っていれば、会社を辞めたいと思っているあなたのことをしっかりとサポートしてくれますし、あなたが会社から不利益を受けることを防いでくれます。

仕事に対する自分の考え方をしっかりと持つポイントは以下の4つです。

仕事に対する自分の考え方をしっかりと持つ4つのポイント
  1. 労働者には「仕事を選択する権利」と「会社を辞める権利」がある
  2. 仕事には向き不向きがあって当然
  3. 会社の人手不足の問題のことを考えるのは、あなたの仕事ではなく、経営者の仕事
  4. 自分自身で考えて決断し、行動することが大切

考え方1:労働者には「仕事を選択する権利」と「会社を辞める権利」がある

労働者には

「好きな仕事を自由に選択できる権利」

があります。

奴隷の強制労働的なものは当然禁止されています。

それと同時に、

「会社を辞める権利」

というのも労働者にも与えられていますので、嫌な仕事を無理して続ける必要はありません。

自分の状況と辞めたい理由をはっきりと会社に行って、会社を退職すればそれで良いのです。

\ おすすめ記事 /
【退職代行サービスの法律・就業規則・違法性】退職時の法律と働く人の職業選択の自由について、くわしく解説

考え方2:仕事には向き不向きがあって当然

人には仕事の向き不向きがあって当然といえます。

あなたに向いていない仕事は、世の中にはたくさんあると思いますが、

その反面、あなたにピッタリな「向いている仕事」というのも必ずあります。

ずっと同じことで悩んで働き続けるくらいなら、

今ほんの少しの勇気を出して会社を辞めれば、

明日からあなたの人生が良い方向に確実に変わります。

物事をやり遂げるのに1番大切な事は、

「絶対にそれをやるんだ!」

という強い意志です。
小さい頃から

「やればできる!」

とよく言いましたが、人間死ぬ気で本気を出せば大体のことはできます。

当然、行動すること、挑戦することに失敗はつきものですが、人間はロボットではありません。

なので何度失敗しても良いのです。

人生頑張って生きていれば、「成るように成る」ものですので、そんなに失敗することを恐れて生きて行かなくても大丈夫です。

考え方3:会社の人手不足の問題のことを考えるのは、あなたの仕事ではなく、経営者の仕事

「会社が人手不足なので、自分が辞めると会社が困ってしまうから、やめたいけどやめれない、勇気が出ない」

と思っている方は、少し考え方を変える必要があります。

なぜなら、あなたの仕事の問題についての優先順位が間違っているのかもしれないからです。

会社の人手不足の問題のことを考えるのは、あなたの仕事ではなく、経営者の仕事です。

あなたは、あなたの人生のことを大事に考えて行動するべきなのです。

世界の中に会社は星の数ほどありますが、

あなたという存在は「世界にたった1つだけ」

ですよね。

もっと、会社の事ではなく自分自身のことを大事に考えましょう。

\ おすすめ記事 /
仕事・会社を辞めたい6つの理由とすぐにできる4つの対処法について解説

「会社のこと」ではなく、「自分自身のこと」を第一に考えて、一度きりの限りある人生を歩んだ方が、あなたにとって実りある人生になると言えます。

考え方4:自分自身で考えて決断し、行動することが大切

「誰か会社を辞める勇気をください!」

と言っているうちは、辞めることはできないかもしれません。

人生で大事な事は、

他人があなたの人生を決めるのではなく、

「あなたの人生のことはあなた自身が考えて決断し、行動する」

ということです。

「自分がこうなったのは〇〇の責任!」ではなく、「どういう風になろうと、それは全て自分の責任だ!」と言えるような強い気持ちを持つことが大切だといえます。

\ おすすめ記事 /
「会社・仕事に行きたくないときは休むべき!【行きたくない理由と対処法】についてくわしく解説

自分の人生に責任を持つというのは、「自分の人生は自分で決める」ということですね。

対処法6:会社を休んで身体を休める

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の6つ目は「会社を休んで身体を休める」です。

「毎日残業ばかりで、仕事がハードすぎる…。もう会社を辞めたいと思うけど、疲れが溜まっていて、気力もわかないし、辞める勇気も出ない…。」という人もいるかもしれません。そのような人の場合、仕事の勇気が出ないのは、単純に仕事が忙しすぎて疲れが溜まっているからといえます。人は疲れが溜まっているときというのは、行動力は落ちてしまいますし、「よし、やろう!」という積極的な気持ちにもなりにくいですよね。疲労困憊の状態では、嫌な会社を辞める勇気すらわいてこなくなってしまうというわけなのです。そのような場合は、会社を休んで、溜まった疲労を回復させるということが大切といえます。身体の疲労が取れて、気力が湧いてくれば、自然と会社を辞める勇気も湧いてくるはずです。

対処法7:心療内科を受診する

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の7つ目は「心療内科を受診する」です。

「上司からパワハラを受けているので、会社を辞めたいんだけど、もう精神的にいっぱいいっぱいで辞める勇気が出ません…。」という人もいるかもしれません。そのような場合、あなたが仕事を辞める勇気が出ないのは、あなたが精神的に追い詰められて気力がなくなってしまっているからだといえます。もしそうだとしたら、心療内科を受診して、先生にあなたの辛い胸の内を聞いてもらい、メンタルのケアをしていくということが必要といえます。食欲がわかなくなった、夜眠れなくなってしまった、何事にもやる気がわかなくなってしまった、仕事のことを考えると辛くて嫌な気持ちになり涙が出てきてしまう、というような場合は、あなたの心がSOSのサインを出しているといえます。速やかに心療内科を受診するようにしましょう。ストレスからうつ病などになってしまうと、最悪の場合には働けなくなってしまうということもありますので、注意が必要といえます。

対処法8:次の仕事に転職するための準備をはじめる

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の8つ目は、「次の仕事に転職するための準備をはじめる」です。

「今の仕事が自分に向いてないと思い、1ヵ月前に辞める決心をしたつもりなのですが、仕事を辞める勇気がなかなか出ません…。」という人もいるかもしれません。そのような人は、まずは「次の転職先を探してみる」ことが必要かもしれません。今の仕事を辞めたいと思っていても、次の仕事が決まっていないとしたら、その後収入がなくなってしまい困窮してしまいますよね。「今の会社を辞めたはいいけど無職です」という状況は避けておきたいわけです。もしそうだとしたら、今の仕事をしながら転職活動をして、次の仕事を決めてしまえば、自分も安心ですし、会社に対しても、「何月何日から次の仕事が決まっているので辞めさせてもらいます!」と言いやすいですよね。なので、辞める勇気がない場合は、まずは転職の準備をして会社を辞める流れを作ることで、仕事を辞める勇気が出やすくなると思います。

  • 「退職の意思を伝える」
  • 「退職届を提出する」
  • 「業務の引き継ぎをする」

等、退職するにあたっては、しっかりと退職についてのスケジュールを立てることが大切です。

「できるだけ、会社の迷惑に掛からないようにする」ということを考えて退職準備をするのが、円満退職のための秘訣といえます。

\ おすすめ記事 /
「仕事・会社を辞める」と言えない・言い出しづらい5つの理由と3つの対処法

退職・転職の準備をすることで、だんだんと退職の実感がわいてきて、会社を辞めることを伝える勇気が出てきやすくなります。

対処法9:自分で退職を言う勇気がないときは退職代行サービスを利用する

「仕事を辞める勇気が出ない…」ときの対処法の9つ目は、「自分で退職を言う勇気がないときは退職代行サービスを利用する」です。

「仕事を辞めたいんですけど、上司が怖くて、退職を言う勇気がありません…」

という人もいるかも知れません。そのような人は、退職代行サービスを利用することで会社を「即日退職」することができます。

\ おすすめ記事 /
退職代行サービス利用の【人生における2つのメリット】についてさらに詳しく解説

退職代行サービスは

「自宅にいながら・スマホ一つで・即日退職」

できるという画期的なサービスで、費用も3万円前後とお手頃なので、20代-30代を中心に大人気のサービスとなっています。

\ おすすめ記事 /
退職代行サービスはなぜ20~30代に大人気なのか?【3つの大きな理由を解説】

嫌な仕事を続けで苦痛を感じ続けるくらいなら、退職代行サービスを使って、嫌な会社にさよならをした方が絶対に良いといえます。

おすすめの退職代行サービスは「退職代行ガーディアン」です。

労働組合法人運営の退職代行サービスで、安心・確実に退職できます。

\ おすすめ記事 /
退職代行ガーディアンの特徴・価格・利用者の声について【詳しく解説】

仕事、会社を辞めるタイミングはいつがいいの?

仕事会社を辞めるタイミングはいつがいいの

仕事、会社を辞めるタイミングはいつがいいの?

そのように疑問に思っている方もいると思います。

結論から言うと、会社を辞めるタイミングは「人それぞれ」です。

仕事・会社を辞めるのに適したタイミングは、大きく分けて以下の5つです。

仕事・会社を辞めるのに適した5つのタイミング
  1. ブラック会社の場合は早急に退職する
  2. 1年後も同じことで悩んでいると思うなら退職する
  3. 次の転職先の採用が決まった時に退職する
  4. 3年間働いたときに退職する
  5. 年度替わりに合わせて退職する

タイミング1:ブラック会社の場合は早急に退職する

ブラックな会社に対しては、退職のタイミングは無い!と言えます。

仕事の身体的、精神的なストレスであなたが病んでしまう前に、早急に退職した方がよいでしょう。

通常の1-2ヶ月前に退職の意思を会社に伝え、退職届を上司に出して会社を辞める。

シンプルな考えて、それで十分といえます。

もし、

「会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない」

「上司から引き止めにあって止めることができない」

という場合には、

  • 労基に相談する
  • 退職代行を使う

など、いくつか手段はありますので、そんなに自分自身を追い込む必要はないといえます。

\ おすすめ記事 /
「ブラックすぎる会社・仕事」を経験した私が解説 【ブラックすぎる会社・仕事の22の特徴】

タイミング2:1年後も同じことで悩んでいると思うなら退職する

もし、今の会社で働き続けて、1年後も同じことで悩んでいるのだとしたら、それは思い切って今やめた方が良いといえます。

考え方の部分でも解説したように、人には仕事の向き不向きがあります

もし、

今の会社で働き続けて、1年後も同じことで悩んでいるのだとしたら、それなら思い切って今やめた方が良い

といえます。

タイミング3:次の転職先の採用が決まった時に退職する

会社に内緒で転職活動をしておき、次の転職先の仕事に採用されたタイミングで辞めるというのも1つの手です。

働く人には生活がかかっていますので、仕事が切れると収入が無くなってしまい、生活が困ってしまいますよね。

だからといって、オープンに転職活動をしたところで、今の会社からいろいろ言われたり、注意されたりするのがオチです。

職名に内緒で転職活動をしておいて転職をすれば、空白期間を作らずに働き続けることができるので、収入が途切れることがなく転職することができます。

先に転職先を決めておくと、退職の決意もしやすいですよね。

タイミング4:3年間働いたときに退職する

まずは3年何があっても頑張って今の会社で働いてみる

という目標を立ててみて頑張るのもありです。

3年働けば、会社・仕事の良いことも悪いことも一通り経験できますので、社会人として1つの経験値となります。

「仕事でいろいろなことがあるが、すべて自分がしっかりとした社会人になるための経験だ。

そう考えて歯を食いしばって3年頑張って働いてみるのも良いかもしれません。

「石の上にも3年」とはよくいいますが、あながちその考え方が当てはまる方もいると思います。

タイミング5:年度替わりに合わせて退職する

年度の変わるタイミングに合わせて辞めるというのも良いでしょう。

年度替わりというのは、新入社員が入ってきたり、人事異動のタイミングが重なる場合が多いです。

それに合わせて会社を辞めれば、仕事の引き継ぎなどもしやすいですし、「プロジェクトの途中」などの唐突なタイミングで辞めるよりは迷惑がかかりにくいといえます。

このタイミングが1番会社を辞めやすいかもしれません。

仕事・会社を辞める勇気が出ないときにやってはいけないこと

仕事会社を辞める勇気が出ないときにやってはいけないこと

仕事・会社を辞める勇気が出ない時にやってはいけないことって何ですか?

仕事をバックレるのはNG!

「仕事・会社を辞めたいけど、でも勇気が出ないから、ブッチしてバックレる」というのはとても危険です。

仕事・会社をバックレると、会社や同僚からの信用を無くします

\ おすすめ記事 /
「会社・仕事をバックレる・飛ぶ」のは危険!リスクと注意点について【くわしく解説】

また、会社・仕事をバックレると、その時は現場から逃げることによって一時的にストレスを回避できてメリットがあるように思えるかもしれませんが、後になって後ろめたい気持ちになったり、その何倍ものデメリットに悩まされることになります

なので、仕事・会社を辞める勇気が出ないからといって、会社・仕事をバックレるのは絶対にやめましょう。