独立型社会福祉士のブログ

【転職】社会福祉士を取得したら、独立を視野に!後見人として、普通の介護士の2倍は確実に稼ぎましょう。

独立開業
  1.  研修を受けて成年後見人となれば、その活動を主軸に、独立することが本当に可能です。
  2.  社会福祉士として、特別な能力がなくても、介護士の年収の2倍は稼げます。しかし、1.000万円以上稼ぐとなると、厳しいかも。

🖋【前置き】

この記事は、

「社会福祉士の資格に興味があり独立できるが知りたい」

「独立したとして、どのくらい稼げるのか具体的に知りたい」

という方のために書きました。

この記事を読むことで、独立して活動している、社会福祉士のことがわかり、自分が社会福祉士を取得して、独立をした際のイメージが、具体的には湧いてくると思います。

では早速いきましょう!

🖋【記事の信頼性】

僕は社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の3つの福祉関係の国家資格を取得しています。

また、僕は今、まさに、成年後見人の活動を主軸にで独立開業しています。

また、自分の周りには、独立開業している社会福祉士の方が多くおられ、情報交換しています。

  •   研修を受けて成年後見人となれば、その活動を主軸に、独立することが本当に可能です。

「 社会福祉士の資格で独立ができるのか? 」

その答えは「 YES 」です。

ほとんどの社会福祉士の方は、介護保険施設の相談員や、病院の医療相談員、障害者相談支援事業所の相談員などで、組織に属しながら働いている人です。

しかし、ごく少数ですが、どこの組織にも属さず、自らの福祉に対する思いをもとに個人で独立をして働いている人もいます。

私は、社会福祉士会の成年後見人養成研修を受け、社会福祉士として成年後見人となりました。

そして、現在は成年後見人の活動を主軸に独立をしまして、個人で社会福祉事務所を開業して、活動しています。

おそらく、皆さんの周りには、独立している社会福祉士の方に会う機会がほとんどないのではないかと思います。

なので、私の周りの独立している社会福祉士の方の働き方を、ぶっちゃけて、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

結論からいいますと、以下の4つに大きく分けられます(オリジナルな分類です)。

①成年後見人主軸型

私がこれに当てはまります。

成年後見人を約30名程度受任させていただき、成年後見人の活動中心で活動しています。

②成年後見人とケアマネ兼業型

例:成年後見人を約15名程度受任して、ケアマネージャーとして、担当を10名から20名程度持って独立。

③引退後、活動型

60歳まで福祉施設の相談員として働き、引退し、引退後年金を受給しながら成年後見人を受任し、併せて福祉のセミナー講師なども行う。

④児童福祉・母子福祉型

成年後見人を数人受け持ち、主軸はスクールソーシャルワーカー、母子福祉関係の仕事をしながら独立する。

実際は、この4種類以外にも、様々な分野で独立活動する方がいると思います。

 社会福祉士で独立する 」

 といっても、中身は一人一人全然違う活動をしているということがわかりますよね。なので、当然活動によって収入も変わってきます。

  •  社会福祉士として、特別な能力がなくても、介護士の年収の2倍は稼げます。しかし、1000万円以上稼ぐとなると、厳しいかも。

僕が、

「 介護士の2倍は稼げます。 」

と言うのには理由があります。

僕が介護士として働いていた時は、年収は300万円程度でした。現在は、年収600万円以上は稼いでます。

🖋成年後見人の報酬について

成年後見人の報酬を簡単に分かりやすく説明すると、

成年後見人が、「 報酬付与の申し立て 」というものを行い、家庭裁判所が報酬を

決定します。成年後見人が勝手に報酬を決めるわけではありません。

なので、報酬の水準は大体決まっています(地域によって多少誤差はあると思いますが)。

報酬決定の基準については、目安はありますが、一つ一つの案件に対しての報酬基準は家庭裁判所は明らかにしていませんし、家庭裁判所が決めた報酬に対して、不服申し立てすることはできません。報酬は各地区の管轄する家庭裁判所の裁量によるということになっています。

🖋ここからは貴重な話です

私の今までの経験から言うと、

「 基本報酬は月当たり2万円 」

で出ることが多いです。

後見人の報酬は、1年まとめて請求するので、

20,000円×12ヶ月= 年額240,000円

となります。

なので、

10人担当しているとすれば、

240,000円× 10 人 =年額2,400,000円

20人担当しているとすれば、

240,000円× 20人=年額4,800,000円

30人担当しているとなれば、

240,000円× 30人=年額7,200,000円

となります。

この水準については、後見人を1人担当している方も、複数担当している方も変わりません。担当が増えれば、報酬単価が増えるわけではありません。

また、制限なしに何十人も担当できるわけではありません。

自分の能力を超えて、たくさんの後見人を担当しすぎると、適正な後見事務が行えなくなります。

個人の能力にもよりますが、目安は、20人から30人程度、事務員を1人雇っている場合はその1.5倍程度限界かと思います。

質問

【質問】

  • 「 そんなにたくさん、成年後見人を担当して大丈夫なの? 」
  • 「 みんな、お金を目当てに独立しているの? 」

社会福祉士一人ひとり作業能力が違うので、人によっては10人受け持つのでいっぱいいっぱいの方もいると思います。

また、作業能力が高い方にとっては、30人でも、問題なく後見事務を行えると思います。

作業効率については、日々、作業効率を良くすることを考え、何年も実践していれば、自然と作業効率が上がっています。最初の頃は1つの事務を行うのに半日ぐらいかかってしまったとしても、慣れてくれば10分20分で終わってしまうことだってあります。

やり方次第なんですよね。

「 いかに効率よく作業をしていくか 」

それが大切になってくると思います。

【最後に大切なこと】

ほとんどの社会福祉士の方が、

「 自分の福祉に対する強い思い 」

があり、それをするために独立しています。

そして、皆しっかりとした活動をしています。

決して、

「 お金のためだけに独立している 」

わけではありません。

自分の「 実践したい福祉活動 」があり、

自分で「 福祉の倫理観 」をしっかりと持ち、

それを自分の「 福祉理念 」のもとに実践していく。

私は、これを実践している独立している社会福祉士の方々のことを、とてもかっこいいと思いますし、誇りに思っています!

大きな社会福祉法人や医療法人の中で働いていると、

「 自分の考え 」よりも、

「 組織としての考え 」が優先されます。

それが、

「 安心。楽。 」と感じる時もあれば、

「 邪魔 」に感じる時もあります。

また、福祉の実践においては、必ずしも大きな組織としての考え方が正しいとは私は思いません。

自分の「 福祉理念 」のもと、スピーディーに 、そして応用をきかせて動いていく。

一人ひとりの利用者のニーズをしっかりと考え、

支援し、

答えを導き、

利用者の福祉を実現していく。

それが、独立している社会福祉士の姿です。

いかがでしたでしょうか?

社会福祉士として独立することができるのか?どのくらい稼いでいるのか?など、具体的にイメージすることができましたでしょうか?

では今日はこれまでです。

皆さんの貴重なお時間を頂戴して、

ブログを拝見してくださいまして、

本当にありがとうございます。

ブログを読んでくれた皆様に、少しでも役に立てるよう、

これからも執筆していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

無料の適性診断という近道『ミイダス』

 

求人4万件!累計ユーザー54万人!
※無料会員登録で使えますし、万が一やめたいときは、
『退会手続き』も1分でサッとできますので、安心して使えます!

 

仕事博士
仕事博士
ミイダスでは最初に5分程度でいくつかの質問に答えて、
自分の市場価値が分かっちゃいますよ!
そして、『超有料級の自己分析ツール』が無料会員登録で使えちゃうのが特徴です!

ミイダスは、170,000社以上の企業から選ばれている優良転職アプリ。
職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断してくれます。
あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サービスです。
多くの転職者が利用していて、実績があるので、安心して転職活動できます。
また、

  • パーソナリティ診断
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断

3つの超有料級の自己分析サービスができるのも特徴です。

仕事博士
仕事博士
ミイダスは、自分の市場価値が分かり、
特性・仕事の強みも把握できるので、
転職活動を進めやすくなりますよ!
評価
特徴・求人数4万件以上!
・累計ユーザー数54万人以上!
・全国の優良企業22万社以上が利用!
・『doda』を手がけるパーソルキャリアと同グループのミイダス株式会社が提供
・5分で「自分の市場価値と現在地」が簡単・スピーディーに手に入る!
・3つの超有料級の適性診断ができる!
「日本の人事部 HRアワード2019 プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞した『コンピテンシー診断』を無料で利用できる!
・適正診断の利用だけでも無料で利用可能!
・「2・3日の超短期のトライ応募」もできる!
・20代から30代の会社員が多く利用・都市部だけでなく、地方の利用者も多く利用!
利用すべき人•今の仕事が自分に向いていないと思っている人
・今の仕事に不満はないが、自分の仕事の適性をしっかりと知っておきたい人
自分の市場価値を知りたい人
• 転職活動する時間が無い人
• 転職サイトへの登録が面倒な人
• いつかは転職しようと思っている人
• キャリアビジョンが明確に定まっていない人
• 市場価値の「目安」を知りたい人
公式サイト・「ミイダス公式サイト」https://miidas.jp/

仕事博士
仕事博士
『イキイキと新しい会社で働いている未来の自分』
がそこまで来てるのに、
今何ひとつ行動しないとしたら、
あなたは将来、絶対後悔することになると思いますよ!
今の会社で働き続けるにしても、転職をするにしても、
最低限『社畜』にならないために、
自分の市場価値くらい把握しておきましょう!
5分程度で登録できるので、休憩時間にできますね!
ミイダスは結構使えるので、興味のある方はすぐにどうぞ。

それに、登録無料なので、ミイダスはコスパ最強ですね。

 

\今すぐ無料登録はコチラ!/ミイダス 公式サイト ≫

※登録・診断『無料』5分でできるので、安心して利用できます!