介護 福祉 資格

レクリエーションインストラクターってどんな資格?概要について解説【完全初心者向け】

レクリエーションインストラクター資格のメリットから取得まで解説します

レクリエーションに興味のある大学生くん「レクリエーションインストラクターってどんな資格なんですか?わからないから教えてほしい。」

そんな質問に答えていきたいと思います。

「レクリエーションインストラクターってどんな資格?概要、活躍の場、受験科目、費用について解説」の記事を読むメリット

「レクリエーションインストラクターってどんな資格?概要等くわしく解説」の記事を読んでほしい人は次の人です。

  1. レクリエーションに興味のある学生
  2. レクリエーションが上手くなりたい福祉関係者
  3. レクリエーションインストラクターの資格に興味のある人

また、「レクリエーションインストラクターってどんな資格?概要等くわしく解説」の記事を読むことによるメリットは下記です。

この記事を読むことで、

  • レクリエーションインストラクターの資格の概要、活躍の場、受講要件、受講科目、受講料、登録料、更新料、問い合わせ先がわかります。

レクリエーションインストラクターとは

レクリエーションインストラクターは、公益財団法人 日本レクリエーション協会が認定するレクリエーション指導者(公認指導者)の資格であり、日本レクリエーション協会が定めた学習課程を修了すると認定されます。

  1. 参加者に合わせて、「ゲーム・歌・集団遊び・スポーツ」といったツールを使い、「集団をリードする」「コミュニケーションを促進する」「楽しい空間をつくる」といった、レクリエーション活動を企画・展開できる指導者のことです。

レクリエーションインストラクターは人の生きがいづくりをする仕事なんですね。

レクリエーションインストラクターの活躍の場所は?

レクリエーションインストラクターの活躍の場所は、保育園、幼稚園、子育て支援サークル、小・中学校、高齢者福祉施設、地域ボランティア活動、企業研修、など様々です。また、公園やスポーツ施設、公民館、などでレクリエーションを企画して実施したりもしています。

レクリエーションインストラクターの受講要件は?

・満18歳以上の方が対象となります。

レクリエーションインストラクターの受講科目は?

レクリエーションインストラクターの受講科目は、

【レクリエーション理論(9時間)】

  • レクリエーション概論(1.5時間)
  • 楽しさと心の元気づくりの理論(3時間)
  • レクリエーション支援の理論(4.5時間)

【レクリエーション実技(27時間)】

  • レクリエーション支援の方法(12時間)
  • レクリエーション活動の習得(15時間)

【レクリエーション演習・現場実習(24時間)】

  • レクリエーション支援演習(15時間)
  • 現場実習(9時間)

となっています。実技・演習・実習の時間がたくさんありますね。現場での実力をつけることができる資格ですね!

レクリエーションインストラクター養成講習会の費用は?

レクリエーションインストラクター養成講習会の費用は、都道府県レクリエーション協会によって異なります。目安は2~3万円程度です。

レクリエーションインストラクターの登録料は?

レクリエーションインストラクターの登録料は、16.000円(税別)です。

レクリエーションインストラクターは資格更新はある?更新料は?

レクリエーションインストラクターは2年ごとに更新手続きが必要です。

2年ごとの更新料は11.000円(税別)です。

レクリエーションインストラクターの問い合わせ先は?

公益財団法人 日本レクリエーション協会
東京都台東区台東1-1-14 ANTEX24ビル7階
03-3834-1091
https://recreation.or.jp/

まとめ

ここまで、レクリエーションインストラクターの概要、活躍の場、受験科目、費用についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

もっと詳しく知りたい方は、別の記事で「レクリエーションインストラクターのメリット」がありますので、こちらをどうそ↓↓↓

レクリエーションインストラクター資格のメリットから取得まで解説します

レクリエーションインストラクター資格取得のメリットについて解説【完全初心者向け】