介護業務 技術 コツ

介護職員の指導方法お助けブログ「業務についての正しい考え方」解説します

介護職員指導方法業務についての正しい考え方
マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

「新人の介護職員が、決められた業務だけこなせばよいと思っているのですが、どのように指導したらよいのでしょうか?

介護施設の業務についての正しい考え方をおしえてほしい」

そういった疑問に答えていきたいと思います。

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

介護職員の指導方法「業務についての正しい考え方」
の記事を読むメリット

介護職員の指導方法「業務についての正しい考え方」の記事を読んでほしい人は次の人です。

  1. 新人介護職員に業務について指導する教育係の介護職員

  2. 「業務について正しい考え方」に興味がある人

また、この記事を読むことによるメリットは下記です。

この記事を読むことで、

  • 「業務について正しい考え方」がわかるようになります

それでは早速いきましょう!

記事の信頼性

僕は社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の3つの国家資格を取得しています。

今まで、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、認知症対応型グループホームで介護士として働いてきました。

また、それぞれの施設で、ユニットリーダー、フロアリーダー、入所管理者として、新人介護士の教育指導を担当してきました。

「業務について正しい考え方」の要点

「業務について正しい考え方」の要点は、以下の2つです。

  1. 与えられた業務だけしかやらない介護職員」と、「与えられた業務以上のことをやってくれる介護職員

  2. 業務とは、「介護職員が最低限しなければいけないこと」であるって、「介護職員が1日に行うすべてのこと」ではない

順番に解説していきます。

1.「与えられた業務だけしかやらない介護職員」と、「与えられた業務以上のことをやってくれる介護職員」

介護職員には、「与えられた業務だけしかやらない介護職員」と、「与えられた業務以上のことをやってくれる介護職員」の2種類の介護職員がいます。

与えられた業務だけしかやらないできない介護職員」は、業務が終わって空き時間ができたとしても、その時間を他の介護士と雑談したり、トイレに行ったり、やらなくてもいいような余分なことをしたりして、ダラダラと時間を過ごしてしまいます。

一方、「与えられた業務以上のことをやってくれる介護職員」は、空き時間では、周りの人の業務を手伝ったり、「すきま時間」でご利用者様が笑顔になっていただけるお話をすることができたり、またはちょっとしたレクリエーションをしたりして、有意義に時間を活用することができます

この「与えられた業務だけしかやらない介護職員」と、「与えられた業務以上のことをやってくれる介護職員」の差はとても大きいといえます。

与えられた業務以上のことをやってくれる介護職員」は「与えられた業務だけしかやらない介護職員」の1.5倍位の仕事量をこなしていると言えます。

どちらの介護職員が「必要とされているか」「周りから評価されているか」は一目瞭然です。

2
.業務とは、「介護職員が最低限しなければいけないこと」であるって、「介護職員が1日に行うすべてのこと」ではない

業務とは、「介護職員が最低限しなければいけないこと」であって、「介護職員が1日に行うすべてのこと」ではないのです。

新人の介護職員にはこのことをしっかりと学んでもらう必要があります。つまり、毎日「最低限しなければいけないこと」だけで終わってしまうようでは、「最低限の介護」しかできていないと言うことになるわけです。

それでは充実した介護をしているとは到底言うことはできません。

「業務についての正しい考え方」のまとめ

これまで、「業務について正しい考え方」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

業務についての正しい考え方」とは、「業務とは、介護職員が最低限しなければいけないこと」であって、「介護職員が1日に行うすべてのこと」ではないということです。

「決められた業務」と「決められた業務以外のプラスアルファの仕事」

介護の質を上げるために、業務にプラスして何か1つあなたのオリジナルな仕事をするように心掛けましょう。

普段あまりやらない棚の整理、掃除、楽しい掲示物の作成、今までやったことのないレクリエーションをやってみる、書類の整理整頓、利用者との楽しいコミニケーションの時間を作るなど、思い浮かぶだけでも介護の質を簡単に向上できる要素がたくさんあるのです。

あなたがプラスアルファのオリジナルな仕事をすることで、職場の雰囲気や介護の質は驚くほど向上すします。

業務に縛られない できる介護職員」になるために、明日から業務プラスアルファの仕事を心掛けましょう。

  • 決められた業務だけをするのではなく、プラスアルファの仕事をすることが大事なんですね!

【ふくしかくブログ 】HOMEへ→HOME

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!