介護 福祉 資格

おしえて認知症ケア専門士資格【認知症ケア専門士ってどんな資格&目的】解説

認知症メア専門士資格のメリットから取得まで解説します
マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

64000
認知症ケア専門士 資格取得者数

2019年時点の認知症ケア専門士資格取得者数は

約64、000人です。

「認知症ケア専門士ってどんな資格なんですか?わからないから教えてほしい。」

そんな質問に答えていきたいと思います。

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

この記事を読むメリット

この記事は、

「認知症ケア専門士に興味のある介護士」のために書いています。この記事を読むことで、認知症ケア専門士がどういった資格なのかが分かります。

それでは早速いきましょう!

記事の信頼性

僕は社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の3つの国家資格を取得しています。

今まで、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、認知症対応型グループホームで介護士として働いてきました。

また、それぞれの施設で、ユニットリーダー、フロアリーダー、入所管理者として、新人介護士の教育指導を担当してきました。

<認知症ケア専門士 資格のピラミット>

「認知症ケア専門士」

「認知症ケア専門士」は、認知症のケアについて、「正しい知識と技術、そして倫理観を持った認知症ケアの専門家を養成するため」に、一般社団法人日本認知症ケア学会が創設した民間の認定資格です。

創設の目的

「認知症ケア専門士」 資格の設立の目的は、「認知症の方の介護に携わる介護士の自己研磨と生涯学習の機会を提供すること」「日本の認知症ケア技術を上げること」「保健の分野、福祉の分野に貢献すること」です。

「認知症ケア准専門士」

認知症ケア准専門士は、社会に対して認知症を理解してもらう機会を広めて、認知症の方を社会で支える環境を整えることで、質の高い介護士を生み出していくことを目的に設けられました。

「認知症ケア上級専門士」

認知症ケア上級専門士は、認知症ケアのチームにおけるリーダーやアドバイザーとして活躍が期待される専門家の養成を目的に創設された認定資格です。

ここまでが「認知症ケア専門士の種類と資格創設の目的」です。

マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!
マイナビエージェント
賢く転職するなら求人情報豊富な【マイナビエージェント】へご登録を!専任のキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりサポートしてくれるから、書類選考通過率・面接突破力が違います!