介護・福祉の資格 知りたい

おしえて認知症ケア専門士 試験対策・勉強方法について【徹底解説】

認知症メア専門士資格のメリットから取得まで解説します

「認知症ケア専門士の試験を受けるんだけど、どのような勉強方法があるの?それぞれの勉強方法を比較したい。」

といった質問に答えていきたいと思います。

この記事を読むことによるメリット

この記事は、認知症ケア専門士の試験を受験する方で、勉強方法がわからない方、どのように勉強を進めたらいいのかがわからない方のために書いています。この記事を読むことで、認知症ケア専門士の試験に向けてのそれぞれの方法の勉強方法の手順が分かり、合格の手助けとなると思います。

記事の信頼性

僕は社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の3つの福祉関係の国家資格を取得しています。

今まで、福祉関係ではこの3つの国家試験をクリアしてきましたので、そのノーハウも含めて、認知症ケア専門士と言う民間資格の合格についても的確な勉強方法を提案できると思います。

結論

勉強方法は大きく分けて下の二つ。

  1. テキスト+過去問集を買って独学・勉強する。
  2. 受験対策講座を受講する

  3. eラーニングでスマホ等ですきま時間で勉強する。

テキスト+過去問集を買って独学・勉強する。

公式の認知症ケア標準テキストを使って勉強する。認知症ケア専門士認定試験の第一次試験はこの認知症ケア標準テキストに準じた内容か出題範囲となっているので、必ずここから勉強した内容が出題される。このテキストには、介護、福祉、医療、看護の内容がバランスよく網羅されています。

 この方法で合格するコツ

この方法で合格するコツは、いろいろな参考書や問題集をたくさん集めるのではなく、「参考書は1つ!」+「問題集は1つもしくは2つ!」と決めて、それを徹底的に何回も解くことです。大体どのテキストも主要部分は似た内容です!なので、1つの問題集を徹底的にやることが大切。さらには、各問題集についている「解説まで全部覚える」つもりでやれば、かなりの知識が入る。最低過去問3回分はやるべきです!あやふやな知識でたくさんの問題集を解くよりも、1つ2つの問題集を完璧に覚える方が、絶対に合格できると断言できます。

僕は実際、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の国家試験はこの方法で行ってきた。たくさんの問題集を買うのではなく、問題集は過去問3年間分が載っているもので、解説が詳しく書いてあるものを選びました。それを最低3回はやりました。勉強すれば勉強するほど理解が深まるので、「勉強時間を確保する」ということも大切です。

受験対策講座を受講する

短い期間でみっちり学びたい、専門講師に指導してほしいと言う方にオススメなのが「受験対策講座」です。この講座は毎年5月から6月ごろに2日間全国2カ所(関東、関西)で行われており、認知症ケア標準テキストの内容をもとに重要なポイントを講義形式で学ぶことができます。また、模擬試験も受けることができ、模擬試験終了後、振り返りのため講師による問題解説も行われている。2日間という短い期間で集中して試験勉強する人に向いています。参加費15.000円なので、独学に比べて少し費用がかかります。またこのほかに、交通費、宿泊代等がかかってくるので費用がかかります。

eラーニングでスマホ等ですきま時間で勉強する。

「認知症ケア専門士 受験対策 eラーニング講座」を受講し、スマホやタブレットなどですきま時間で学習する。公式テキストの内容をわかりやすく読解してくれているのですきま時間でも学習できるようになっている。

スマホやタブレットで勉強できるアプリがあり、これらの講座は有料なので、独学に比べて少し費用がかかります。忙しい方のすきま時間でどんどん勉強できるので、なかなかまとまった勉強時間が作れない忙しい社会人の方向けです。

 結局は勉強したかしてないかがすべて

資格試験というのは、「試験日当日までにはすでに勝負がついている」といえます。結局、不合格の人は「勉強する時間が取れなかった」という理由がほとんどです!単純なことですが「勉強すれば合格!勉強しなければ不合格!」ということなんです!勝負の分かれ目はやるかやらないかです!すき間も徹底的に活用して、気合を入れて勉強していきましょう!

 認知症ケア専門士 eラーニング講座のおすすめ

「eラーニング」でお勧めなのは、調べていただければわかりますが、認知症ケア専門士については「アステッキ」一択で間違いありません。

「2019年度、試験合格率50パーセント代なのに対して、eラーニング受講生合格率90.6%!」「すき間時間で勉強できる」「パソコン、スマホ、タブレットすべての端末で利用できる」など、ほかにもたくさんのメリットがあります。さらにもっと詳しく知りたい方は、次の記事『認知症ケア専門士 eラーニング「アステッキ」のメリットデメリット・コース比較・価格【徹底解説】』へどうぞ。

最後に大切なこと

ここまで、認知症ケア専門士 試験対策・勉強方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

勉強方法は人それぞれ

勉強方法は人それぞれです。一人ひとりに合ったやり方が違います。どの勉強方法でも、毎日コツコツと勉強した人が最後には勝てます。時間とお金を自己投資して、努力していきましょう。大切なのは【途中であきらめないで、合格するまで続けること】です。

無料の適性診断という近道『ミイダス』

 

求人4万件!累計ユーザー54万人!
※無料会員登録で使えますし、万が一やめたいときは、
『退会手続き』も1分でサッとできますので、安心して使えます。

 

仕事博士
仕事博士
ミイダスでは最初に5分程度でいくつかの質問に答えて、
無料会員登録前に自分の市場価値が分かっちゃいますよ!
そして、無料会員登録後に『超有料級の自己分析ツール』が使えるのが特徴です!

ミイダスは、170,000社以上の企業から選ばれている優良転職アプリ。
職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断してくれます。
あなたを求める企業から直接オファーが届く転職サービスです。
多くの転職者が利用していて、実績があるので、安心して転職活動できます。
また、

  • パーソナリティ診断
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断

3つの超有料級の自己分析サービスができるのも特徴です。

仕事博士
仕事博士
ミイダスは、自分の市場価値が分かり、
特性・仕事の強みも把握できるので、
転職活動を進めやすくなりますよ!
評価
特徴・求人数4万件以上!
・累計ユーザー数54万人以上!
・全国の優良企業22万社以上が利用!
・『doda』を手がけるパーソルキャリアと同グループのミイダス株式会社が提供
・5分で「自分の市場価値と現在地」が簡単・スピーディーに手に入る!
・3つの超有料級の適性診断ができる!
「日本の人事部 HRアワード2019 プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞した『コンピテンシー診断』を無料で利用できる!
・適正診断の利用だけでも無料で利用可能!
・「2・3日の超短期のトライ応募」もできる!
・20代から30代の会社員が多く利用・都市部だけでなく、地方の利用者も多く利用!
利用すべき人•今の仕事が自分に向いていないと思っている人
・今の仕事に不満はないが、自分の仕事の適性をしっかりと知っておきたい人
自分の市場価値を知りたい人
• 転職活動する時間が無い人
• 転職サイトへの登録が面倒な人
• いつかは転職しようと思っている人
• キャリアビジョンが明確に定まっていない人
• 市場価値の「目安」を知りたい人
公式サイト・「ミイダス公式サイト」https://miidas.jp/

仕事博士
仕事博士
『イキイキと新しい会社で働いている未来の自分』
がそこまで来てるのに、
今何ひとつ行動しないとしたら、
あなたは将来、絶対後悔することになると思いますよ!
今の会社で働き続けるにしても、転職をするにしても、
最低限『社畜』にならないために、
自分の市場価値くらい把握しておきましょう!
5分程度で登録できるので、休憩時間にできますね!
ミイダスは結構使えるので、興味のある方はすぐにどうぞ。

それに、登録無料なので、ミイダスはコスパ最強ですね。

 

\今すぐ無料登録はコチラ!/ミイダス 公式サイト ≫

※登録・診断『無料』5分でできるので、安心して利用できます。