介護 福祉 資格

「レクリエーション介護士 2級1級③ 学習内容・講座申込方法について」解説【完全初心者向け】

ユーキャンのレクリエーション介護士2級講座解説

「レクリエーション介護士2級 1級の受講資格・通信講座と通学講座の学習内容をそれぞれ教えてほしい。」

そんな質問に答えていきたいと思います。

この記事を読むメリット

この記事を読んでほしい人は次の人です。

  1. レクリエーション介護士 2級1級試験は誰が受講できるのか知りたい人
  2. レクリエーション介護士 2級1級でどんなことを学習するのかわからない人

また、この記事を読むことによるメリットは下記です。

この記事を読むことで、

  • レクリエーション介護士 2級1級の受講資格がわかる
  • レクリエーション介護士2級1級の通信講座・通学講座でそれぞれどんなことを勉強するのかがわかる

では早速いきましょう!

レクリエーション介護士 2級の受講資格・学習内容について

レクリエーション介護士 2級の受講資格

  • どなたでも受講可能です。

レクリエーション介護士 2級の学習内容

レクリエーション介護士2級の学習項目は、下記の9つです。

  1. アイスブレイク(実技)
  2. レクリエーション意義と役割
  3. コミニュケーション
  4. 企画書の作り方
  5. グループワーク
  6. レクリエーションの実践(実技)
  7. グループワーク企画書の発表
  8. レクリエーション計画の立て方
  9. A-PIEプロセスの実践

この項目を、「通信講座」もしくは「通学講座」で学んでいきます。

<通信講座の場合>

自宅学習となります。(DVD・テキストを使って自宅学習。添削課題をクリアし、試験(自宅)も自宅で受験となります。標準的な学習期間は約3カ月間です。ペースは個々で違いますので、やる気のある方はもっと短期間で取得可能です。

<通学講座の場合>

・指定された場所で2日間(全13時間)の講座を受講します。

レクリエーション介護士 1級の学習内容について

レクリエーション介護士2級の学習項目は、下記のとおりです。

  1. アイスブレイク(実技)→2級講座で学んだアイスブレイクの理論を実技で体験します。
  2. 高齢者の身体と心(機能、整理)
  3. 対象者に合わせた企画(活動分析)
  4. A-PIEプロセスについて
  5. プログラムの方法
  6. 集団レクリエーションの実践

この項目を、「通学講座」で学んでいきます。

<手順>

①指定された場所で4日間の講座を受講します。

②講座受講後、フォローアップ研修というものを4講座以上受講します。

現場実習を3回以上実施します。(勤務先の事業所や施設以外で、ボランティアや講師としてレクリエーション活動を3回以上実施する。実習先がない場合は、当協会より事業者、施設を紹介)

筆記試験【協会指定の日程・会場で実施します。選択問題60問+記述式4-6問(100点満点)+小論文(1問20点満点)】+必須講座での評価「実技試験(集団レクリエーションの実践)(30点満点)」合計150点満点中60%以上で合格となります。

レクリエーション介護士 2級1級講座の申し込み方法について

の3つです。

レクリエーション介護士 2級の申し込み方法について

<自宅での通信講座学習の申し込み手順 解説>

ユーキャンのホームページより「レクリエーション介護士2級講座」の申し込みを行います。

申し込みの前に、ユーキャン「レクリエーション介護士2級」講座についてもっと詳しく知りたい人は、こちらの解説ページへどうぞ↓

ユーキャンのレクリエーション介護士2級講座解説

「ユーキャン レクリエーション介護士2級」講座のについて解説します【完全初心者向け】

<通学講座の申し込み 解説>

・日本アクティブコミュニティ協会のHPより資料請求・申し込み・支払い後、各スクールにて受講します。

レクリエーション介護士 1級の申し込み方法について

<通学講座の申し込み>

・日本アクティブコミュニティ協会のHPより資料請求・申し込み・支払い後、各スクールにて受講します。

質問

・レクリエーション介護士2級講座は、学ぶなら「通信講座」と「通学講座」どっちがいいの?

レクリエーション介護士2級講座で、通信講座」と「通学講座」どちらが良いかは、その人の状況によって異なります。

「まとまった時間が取れる人」「人と人とで顔を合わせて学びたい人」は通学講座がいいです。

仕事をしていてまとまった時間が取れないので、【すきま時間】で効率よく勉強して資格取得を目指したい」「お金も分割払いにしたい」「自分のペースで勉強を進めて、早急に資格が取りたい!」という方は、通信講座がいいです。

それぞれの情報に合わせて選択すればよいでしょう。

ちなみに、レクリエーション介護士2級の通信講座を実施している「ユーキャン」では、初めての方・仕事や家事で忙しい方無理なく学習を続けられるようなコースになっています。教材についても、レクリエーションの動きを目で学べるDVD教材や、資格取得後も使える「アイデア集」など、合格に必要なものは全てセットになっています。(試験も自宅で受けることができるので、忙しい方も安心です)

ユーキャン「レクリエーション介護士2級」講座についてもっと詳しく知りたい人は、こちらの解説ページへどうぞ↓

ユーキャンのレクリエーション介護士2級講座解説

「ユーキャン レクリエーション介護士2級」講座について解説します【完全初心者向け】

まとめ

ここまで、レクリエーション介護士2級1級の受講資格・通信講座と通学講座の学習内容について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

受講には通学と通信の2種類がありますので、自分の状況に合わせて選択するようにしましょう。